藤原ヒロシさんの「.hack//G.U.Vol.3」の理由は網膜芽細胞腫!経歴&現在も!

藤原ヒロシさんとは…?

17年11月1日に

発売された

書籍であり原作本

「エンターテイメントという薬-光を失う少年に

ゲームクリエイターが届けたもの」

(税込1500円)でも紹介され

原点となる

奇跡の感動物語で

その

主人公こそ

10年前の

2006年12月23日(土曜日)に

登場した

「藤原ヒロシ」くん

(当時21歳)の少年

実は

藤原くん…..

これまで

大のゲーム好き

オタクで

その中でも

PS2専用ゲームソフト

「.hack//G.U」

という

例えるなら

キングダムハーツ、ファイナルファンタジー

モンスターハンター

といった

RPGゲームの

大ファン

だったようで

発売する度に

前編、後編を

購入され

プレイを

してきたのだが

実は

1歳の時に

「網膜芽細胞腫」という

光を失い

最終的に

全盲のように

視界が見えなく

なってしまう

眼球の病気と

病院で診断後

小中高と片目で過ごした後

右目を失い

今度は

19歳で

左目に

がんが見つかった

ことで

2年間の闘病後

約3週間後の

2007年1月9日に

光を全て

失ってしまう

摘出手術することが

発表されたことで

この時

最悪な事に

「.hack//G.U.Vol.3 歩くような速さで」の

完結編の発売日が

9日後の1月18日

この作品最後

だというのに

どうしても

どうしても

プレイ

したかったのに

できず

自ら

命を捨てたい

くらい

絶望な瞬間を

味わって

いたのだが

そんな時

この作品を

開発した

「株式会社サイバーコネクトツー」と

そこの代表取締役社長

「松山洋」さんが

裏で奇跡の

クリスマスプレゼントを

用意し

その準備に

奮闘中だったようで

その一部の

内容がコチラ!

引用>https://www.famitsu.com/

という感じで

残り

122ページの

完結編

については

18年3月1日現時点で

ネットでは

非公開のため

既に発売されている

「エンターテイメントという薬-光を失う少年に

ゲームクリエイターが届けたもの」

購入し読む

あるいは

18年3月1日放送の

「アンビリバボー」

視聴する

という

方法があるが

おそらく

無事に

プレイする

ことができ

現在は

ご想像通りの

生活を

送っている

のでは

ないでしょうか。

引用>https://youtu.be/KfwIPPkdqwc

[プロフィール]

名前>藤原ヒロシ

趣味>ゲーム

好きなソフト>.hack//G.U

家族構成>母(里洋さん)、兄(ヒロシくん)、弟(翔くん)、

妻(幸恵さん)、その他(子供)

スポンサーリンク