藤原ヒロシさんの「.hack//G.U」&「エンタメ薬」のネタバレと結末!

原作本は

17年11月1日に

発売された

2006年12月が舞台で

3人暮らしの

長男で生まれたが

1歳で

光を失う

全盲の一種

「網膜芽細胞腫」

襲われたことで

小中高と

右目のみで過ごし

19歳で

今度は

左目に

がんが見つかり

2年間の闘病後

約3週間後の

2007年1月9日に

光を全て失う

摘出手術を受ける

一方で

趣味は

大のゲーム好きで

中でも

PS2のRPG

ゲームソフト

「.hack//G.U」

大ファンで

これまで

前編、後編と

プレイしてきたが

最後の

完結編は

9日後の18日

発売日となり

プレイは

絶望的と感じたが

その後

ソフト開発した

「株式会社サイバーコネクトツー」と

その社長「松山洋」さんの

手助けによる

奮闘の結果

奇跡的に

プレイできた

主人公の

「藤原ヒロシ」さん

(当時21歳)を描いた

128ページの

感動実話物語

「エンターテインメントという薬

-光を失う少年にゲームクリエイターが届けたもの」

(税込1500円)

登場人物は

・松山洋(株式会社サイバーコネクトツー社長)

・今西智明(現バンダイナムコエンターテインメントゲームプロデューサー)

・中田理央(「.hack//G.U」のゲーム開発&プロモーション/三代目プロデューサー)

・内山大輔(初代「.hack」開発プロデューサー)

・櫻井孝宏&榎本温子(「.hack//G.U.RADIO ハセヲセット」声優&パーソナリティ)

・澤田悦己(コンテンツ制作本部副部長)

・樋口明子(ソーシャルワーカー)

・藤原ヒロシ(主人公)

・藤原里洋(主人公の母親)

・幸恵(主人公の妻)

・益子春奈(読売新聞記者)

・Gzブレイン(会社)

※冒頭の6ページがコチラ!

引用>https://www.famitsu.com/

引用>https://youtu.be/KfwIPPkdqwc

スポンサーリンク