クユちゃん(子犬)のイスタンブールベイコズ区落下事故の原因&救出方法や現在!

クユちゃん(子犬)とは…?

18年4月5日

放送の

アンビリバボー

アニマルSPでも

紹介され

話題となった

“井戸に落ちた子犬の救出劇”

とは….

既に

ネットでも

ネタバレ

されている通り

17年2月4日ごろ

トルコ・イスタンブールベイコズ区の

深さ61メートル(約70m)、幅30cmの

井戸内で子犬が

何らかの原因で誤って

落ち

そこから

15日までの

11日間

閉じ込められた

落下事故のことで

全ての

悲劇の始まりは

飲料水工場に

勤務していた

オーナー(社長)の

飼い主が

いつも通りの

飼い方で

トルコ原産で

生後4ヶ月ほどの

カンガルー犬の世話を

していたが

何らかの

管理ミスから

突然

脱走したこと

その後

周辺を

しばらく

捜索すると…..

現場となる

井戸から

微かな

犬とみられる

鳴き声が…..

しかし

そこからが

本当の大苦戦!

それがなんと

救出のプロ

消防隊が

到着し

必死に

救出しようとも

繰り返し

できず

そこから

遂に…….

10日間が過ぎ

その間

なんとか

生存確認が

できたことで

わずかな

エサを与え

その後遂に

救出作戦

最終日となった

11日目の15日に

子犬が

国原産

だった縁で

トルコ石炭機構、

イスタンブール特別市、

首相府災害緊急事態管理庁、

国家水道管理局、

捜索救助協会

といった

民間、地方、政府の力

さらに

バフチェシェヒル科学技術学校が

わずか2時間で

制作した

救出用ロボットアームの

連携の結果

………

午前5時45分ごろ

無事、衰弱し

慎重に引き上げた

ことが運を結び

一発で

救出に成功

その後

井戸に

長時間

閉じ込められた

ことから

「井戸」という

意味のトルコ語

「クユ」と名付けた

子犬のカンガルー犬は

健康面に問題は

なかったが

体力的に

衰弱していた

ことから

すぐに

ファーティヒ区にある

動物病院で

健康診断を受け

当時

担当した

イナル・ギュナイ獣医師

によると結果は

「脱水症状や体重の減少はない。

クユは生後4ヶ月。体重は14.5kgで、

健康状態は非常に良い。

今日(2月15日)血液検査をして、

明日(2月16日)新しい家となるイスタンブール特別市消防局ベイコズ支部に引き渡す。」

と語り

その後

予定通り

翌日の16日には

イスタンブール特別市消防局ベイコズ支部に

引き取られたといい

なぜ

そこまで

あれだけの

大人数で

救出に

時間がかかったのか

理由について

公式では

このような

コメントを

残しています。

「井戸の中に子犬が逃げられる

場所があって、

子犬を待っていたことだ。

私たちは子犬を待つことに集中うしたが、

子犬が出て来なかったので、

自分たちが子犬のところに行くことにした。

そのために救助活動は少し長引いた。

約70メートルもある深い井戸の中に2平方メートルの広さの暖かくて、

呼吸可能で、乾いた場所があって、子犬はそこに逃げ込んで隠れていた。」

さらに

人間が入るには

狭すぎたことも

原因だったという。

引用>www.trt.net.tr/

引用>YouTube

スポンサーリンク

その後~現在は何を!?

18年4月現在

「クユ」は

引き取り先の

消防署にて

伸び伸び

健康に育ち

消防隊員の

メンタルを癒したり

イベントなどで

マスコット的キャラクターで

元気に生活しているという。

スポンサーリンク