アメリカン航空587便墜落事故の原因は副操縦士(副機長)のミスで結末がヤバすぎ!?

587便墜落事故とは…?

[発生日]

2001年11月12日

[現場]

アメリカ・ニューヨーク州

クイーンズ区の住宅街

[機体]

引用>wiki

アメリカン航空587便

エアバスA300B4-605R(N14053)

[乗客乗員]

乗客⇒251名

乗員⇒9名(機長42歳男性/副操縦士34歳男性/客室乗務員7名)

計⇒260名

[真相]

当日予定通り

特に目立った

点検ミス

などなく

午前9時15分ごろ

離陸した

587便は

ジョン・Fケネディ航空から

ドミニカ共和国・サントドミンゴにある

ラス・アメリカス国際空港を

目指し

当日の多く

226名近くは

母国へ帰国する

ドミニカ人や

アメリカへ近々

移民するため

準備を進めていた

移民客で

その他

旅行目的の

台湾、フランス

ハイチ、イスラエル、イギリス

など数名

その後

この機体は

特に上空での

天候悪化から

雷雨やひょう

による

視界不良なども

なかったが

何らかの

原因から突然

墜落直前の

約28秒前に

強風と同じ

「大気の渦」と呼ばれる現象

乱気流

巻き込まれ

その後

大気の圧に

負けたことによる

操作不能により

最終的に

飛行の

浮かせる

安定目的では

欠かせることができない

垂直尾翼が折れ

落下し

さらに

2回目の

乱気流に

墜落8秒前に

巻き込まれた

ことによる

大損傷で

その時

副操縦士は

必死に

1人でも多くの

乗客と

同時に

二次被害を

防ごうと

住宅街の住民の

命を救おうと

左へ急旋回

させるも

運は結び付かず

2分後の

17分ごろ

空港近くの

住宅街へ墜落

………

その後

早急な

レスキュー活動も

奇跡は起きず

260名全員の○亡

さらに

2次被害による

4軒が火災から

全焼したことで

住民5名と1名の

負傷となり

18年4月現在

アメリカン航空191便墜落事故

273名に次いで

犠牲者が多い

アメリカ民間航空会社が起こした

大事故に。

引用>YouTube

スポンサーリンク

原因は…副操縦士のミスかテロ!?

乱気流が

発生した

メカニズムは

自然界ではなく

直前に離陸した

日本航空ジャンボ機(JFK発成田行き47便)

による

後方乱気流

その後

副操縦士が

普段も

ラダーの重い

ペダルで訓練操作

をしていたが

当機は

慣れていない

軽いワイヤー式ペダルを

一定方向へ

また逆方向へと

平均よりも

繰り返し

踏みすぎた

ことによる

統計問題で

やがて

空気抵抗

などで

耐えきれなくなり

他に

高度が

墜落

数秒前時点で

左に傾き

立て直すことができず

最終的に

二方に

原因が

あるのではないか

という

調査報告が

出されたが

結果…….

日常的に

大型旅客機による

後方乱気流が

起きていたことから

アメリカン航空が

必要以上に

ラダー操作訓練を

するよう

指導を

呼びかけたが

上限に

達していなかった

ことが

最大の

原因だったとか。

スポンサーリンク