ソスティラ(イタリア)が廃虚の理由&ファウストモッタリーニとジョセフィーヌシャープの正体とは!?

ソスティラ(イタリア)とは…?

2018年8月11日放送の

「世界!極タウンに住んでみる」では

50年以上前の1960年代ごろ

ある日突然

人口減少などから

廃村となり

立ち入り禁止のようになった

イタリアの

“ソスティラ村”という

今では既に

お店や農業といった

仕事で生計を立て生活している

住民もおらず

公式では認められて

いないような

まるで

心霊スポットのような

ゴーストタウン化されてしまった

地域が紹介され

放送前時点のネットを

確認しても

詳しい情報が

非公開だが

一体

どんな村だったのかと

説明すれば

イタリア北部の

サッカーの聖地で有名な

ACミランがある

ミラノより北西に位置し

スイス山脈の

国境付近の高山地帯にある

村であり集落で

付近には

鉄道やバスなど

便利な交通機関はなく

徒歩の場合

街まで最短でも

数時間かかり

50年前の

人口は

数十人から数百人ほどで

2018年現時点で

男性1人と女性1人の

2人が移住生活を

しているそうです。

廃虚化した理由が激ヤバ!?

原点は

1960年代ごろ

日本で例えれば

極寒で知られる

東北地方のような

雪国と同じく

マイナス数十度を記録

するような

とても寒い

極寒な街で

さらに

簡単に

重機などで

整備されるような

安全な道路でなく

危険だったことで

その後

冬限らず

食糧不足に困った住民は

高齢化と共に

より住みやすい

都会のような

便利な地域を好み

人口減少に

変化したとか…..

また、この廃村地域は

イタリア国内だけでなく

世界からも

心霊スポットのような

外国人観光客から人気で

実際

噂では

“魔女・山の精霊(神様)・骸骨を持つ男の行列”などの

50年以上の言い伝えから

地元では

“魔女が住んでいる”という

噂が絶えず

もしかすれば

廃村の一つの原因は

この祟りだった

可能性も…..

スポンサーリンク

モッタリーニ&シャープさんとは?

2018年8月現時点で

とても不便な

廃村地域に

移住を決断した

2人の男女の正体は

「ファウストモッタリーニ」さん

という男性と

「ジョセフィーヌシャープ」さん

という女性で

モッタリーニさんは

元医師で

幼少期から

自身は住んでいなかったが

叔父と叔母が住んでは

よく

休みの日に

両親の縁で

訪れては

大自然の中で

遊んでいたことがあり

その後

女性と結婚後

2人の娘さんが

誕生後

大人に連れて

第二の人生を

田舎のような静かな

大自然の中で

過ごしたいと移住を

決断し

趣味は

ハイキングだったことも

縁だという。

もう一人の

アーティストで

古代遺跡愛好家でもある

シャープさんは

2016年に

モッタリーニさんが

ネット上で

話題を集め

その記事に惚れ

ニュージーランドから

移住したという

その陰に

とても

温かみを

感じるような

アンビリバボーがあり

モッタリーニさん宛てに

どんな地域なのか

魅力を知りたいと

手紙を繰り返し

送っていたといい

その後

数週間の滞在予定が

人間関係で

意気投合してしまった

ことで

今度は

モッタリーニさん側から

「もっと長くいて欲しい」と

受け取った後

その時は

予定とおり

帰国も

その後も

ネットで

伝言を繰り返す後

数か月後

我慢できなくなり

移住を決断

したそうで

今では

お互い仲良く

家族のように

支えながら

暮らしているとか。

[プロフィール]

名前>ファウスト・モッタリーニ

生年月日>1952年

年齢>66歳(2018年 現)

在住>イタリア・ソスティラ

職業>元医師/ガイド/写真家

[プロフィール]

名前>ジョセフィーヌ・シャープ

出身>ニュージーランド・オークランド

在住>イタリア・ソスティラ村

職業>アーティスト/古代遺跡愛好家

スポンサーリンク