世界まる見え/タイク・象(ハワイ・ホノルル脱走射殺事件)の原因は調教師の虐待で結末が悲惨で動画は?

タイク・象(脱走事件)とは…?

2019年2月4日放送の

日本テレビ「世界まる見え」

紹介された

今から

約25年前の1994年8月

透き通った海で

珍しい魚介が生息し

高級リゾートで大人気の

アメリカ・ハワイ州・ホノルルで

発生した

前代未聞の

ある1頭のゾウが起こした

脱走事件とは

1989年以上前から

調教師と共に

動物園ブームから

玉や輪投げを

自由自在に使う

パフォーマンス象として

来園した

サーカス象こと

「タイク」が全ての

始まりだが

その原点の裏に

15年間

毎日のように

繰り返されてきた

育てる専門の

調教師からの

木や鉄の

棒で叩くなどの

激しい体罰が

ストレスの限界から

やがて

命の危機にあり

脱走した

原因とされ

事件前当日も

多くの

観光客が

ショーの目玉である

貴重な1頭

タイク見たさに

来園されていたが

悲劇は

最後の大技である

クライマックスで起き

突然

暴れだした

象は

逆恨みから

調教師を投げ倒してから

命を○うと

パニックの中

園内から脱走すると

最終的に

一歩間違えれば

夜間でなく

昼間だけに

何百人の

犠牲者が出ていたのか

街中で

車を遮断させ

人々の用事を

潰すなどの

危険極まりない

悪質暴走行為を

数時間も

繰り返し続けたことで

このままでは

何日間続き

犠牲者が増えるか

データが

分からなかった事から

最後のとりでとして

多数の軍人や警官が

警備に当たると

隙を見ては

銃弾を放つと

86発目が最後となり

※引用>YouTube

その後

タイクは

二度と目を覚ますことなく

天国へ旅立ち

これを見る限り

明らかに

動物愛護法から

調教師のしつけ方に

問題があり

本当の正しい

飼育法は

動物共通で

エサを与えたら

必ず

褒める事で

きっと

もっと

甘えたかったのでは

ないでしょうか。

スポンサーリンク