レイブンアバロア(ジャネット殺人事件/アメリカ・ノースカロライナ州)の犯人?wikiや生い立ちも。

レイブンアバロアは真犯人でない?

今回

2019年10月18日放送の

テレビ朝日「特捜映像実録コップ 2時間SP」で

今から

14年前の2005年に

アメリカ・ノースカロライナ州ダーラム郊外住宅内で

発生した

被害者は

当時25歳の

ジャネット・クリスチャンハンセンこと

ジャネット・アバロアさんで

悲劇の発端は

1980年代の幼少期から….

Jは両親含む

12人であり

10人兄弟のうち

7番目のモルモン家で

家庭内だけでなく

友人らと何ら一つの

トラブルもなく

幸せな生活を送ると

小中校と卒業後の1998年

バージニア州の

南バージニア大学に進学後

キリスト教の新宗教に含み

基本的に

一切の小さな

罪を犯さず

神を信じる

モルモン教信者の生徒だった

レイブン・アバロア

サッカーを通じるうち

交際に発展すると18歳頃の2000年8月

ワシントンのモルモン寺院で結婚後

バージニア州南東部に移住も

間もなく

2人は仕事上を理由に

ノースカロライナ州ダーラムに

引っ越し後

スポーツ用品会社に就職すると

4年後の2004年10月17日には

息子の

カイデン君が生まれるが

約2ヶ月後の12月

夫が

生活費に困った末

自らの職場先で

商品を盗んだ上

1万5000ドル(約165万円)の

窃盗・横領容疑など

5つの有罪の罪で

逮捕されると

2005年4月26日午後20時~22時頃

当時

妻は

自宅のベッドで

夫が友人とサッカーから

帰宅を待っていたが

2時間の間に

何者かの刃物を持った

第三者から○され

その後

帰宅した

第一発見者のRが

「私の妻は○んでいます…

彼女は射○されました

どこにも血があります

彼女は呼吸をしていない」と911通報後

現場検証も

被害者の○体は発見されなかったが

現場の証拠から

事件と断定すると

偽装を逃れるため

息子と

ユタ州ソルトレークシティに

移住後

精神科のデイケアプログラムを通じ

シングルマザーの

ヴァネッサポンドさんと出会うと

3年後の2008年

裏庭で再び

挙式も

わずか4ヶ月後の2009年に

犯人を疑い

離婚すると

ようやく

5年後の2010年2月1日

生命保険金

50万ドル(5500万円)などの証拠から

第一級〇人容疑で逮捕から起訴後の

7月には

○体が発見され

最終的に

2013年から2014年の判決裁判で

懲役95年~123年の有罪で

一時

2017年まで

刑務所生活も

控訴による

アリバイ成立から再審も

懲役10年の有罪が確定しました。

[プロフィール]

名前>ジャネット・アバロア(ジャネット・クリスチャンハンセン)

年齢>25歳(当時)

在住>アメリカ・バージニア州/ノースカロライナ州ダーラム

学歴>南バージニア大学

スポンサーリンク