三億事件の真相犯人は(田中弘道)?少年&父親のその後。本名は関根!

三億事件真相犯人は少年S!

真相 犯人 少年

三億円事件1968年12月10日の季節は

冬に発生した未解決窃盗事件となります!

事件の当日の時刻は午前9時20分頃で

東京都.府中市の東芝府中工場が存在する会社で

従業員専用に用意されたボーナスの現金、約3億円を

積んだ、大手日本銀行(現)日本UFJ三菱銀行の現金輸送車が突然

府中刑務所北側の路上で後方から追跡してきた

白バイ警察官(ニセ)に止められてしまいました

すると、銀行員に翌日の午後5時までに指定の場所へ

約300万円を運ばなければ、支店長宅を爆発すると言う

緊迫事件を迫られたことで、白バイが現金輸送車を止めて

運転手さんが、どうしたの?と発言すると

ニセ白バイ警官が(巣鴨支店長宅が爆破され、現金輸送車も爆弾が仕掛けられた)

という緊迫を追って、運転手はカギを閉めて爆弾は無いと否定したが

下に仕掛けられているかもしれないという内容から

その後、車体の下を調べることになります。

銀行員が現金輸送車に爆破が仕掛けられると

伝え知っていたのは、事件の4日前の支店宅に

実際に爆弾の緊迫の手紙が送られていた事実から

銀行員は恐れて、輸送車の運転手にニセ警官が伝えた形になります。

しかし、結果的に緊迫文や現金輸送車に爆弾が

仕掛けられているのは、全くの嘘で

車体の下に爆弾を探す演技を見せて、発煙筒で

運転手の姿と自分の姿を消して、ニセ警官は

爆破するぞ。逃げなさいという一言を発言した直後に

現金輸送車を奪い自ら運転して逃亡した事件となったのが

三億円事件の記録になります。

しかし、1975年12月10日の7年後に

(こうそじこう)という事件発生から

決まった範囲以内で事件が解決されなく犯人が特定されなかったことで

未解決事件として終了しました!

そして、当時三億円事件の実行犯の

犯人は未成年の少年S!という人物でした。

当時、少年Sは未成年の年齢で

立川グループの不良少年として

暴走族のリーダーの一員でありました

少年Sが犯人と断定されたのは

父親が白バイ警官の機動隊員に配備された方で

少年Sも暴走族に入って実際に免許を所持していたことが

最大のカギとなっています

そして、犯人と疑われた他の理由では

当時事件に使用された服装で

ニセ警官なのに、本物の警察服を着ていた事です。

これは噂では偽物のコスプレ姿とされていますが

実際は白バイも相手からバレないように

本物のバイクを使用され、合わせて服装も

本物の警察服にヘルメットを着用されていれば

相手は本当の警察官と疑って素直に認め

犯行に実行しやすい手口だった事で

父の服を使用していた可能性が浮上されています

一連の少年Sの犯行は全て一人の

自作自演の演技で他には

犯行直後の当時の事件結果では

犯人が他には関与が薄いことから判明されていませんでした。

しかし、その後有名な犯人とされる

少年Sのモンタージュ写真は

全く別人の顔を使用した偽造で

本当に真犯人は別人という説が2016年現在に浮上されています。

未だに陰謀説と黒幕に封印されている有名事件になります。

真犯人は(田中弘道)?

ネットで2016年6月現在までに

1968年12月10日に発生したモンタージュ写真で有名な

三億円事件の犯人が少年Sとされていますが

その後の人物として新たに(田中弘道)という人物が浮上しています!

一体、田中弘道さんとは誰なのでしょうか?

田中弘道が疑惑として浮上したのは

当時は立川グループの暴走族メンバーのリーダー

少年Sという人物でしたが、その後

父親が白バイ警官で本人は否定して行方不明となり

家族も否定をして

モンタージュ写真では、別人の顔が仕組まれていた事で

少年Sという犯人が別人として浮上されています。

そして現在浮上されている

田中弘道という男性は、昭和21年10月15日生まれ

東京都出身の俳優活動を行っていた人物とされています。

しかし、この情報は2001年の公開情報で

2001年以降に詳しい田中弘道という人物の

情報として犯人に繋がる内容は判明していません。

この人物が浮上されたのは

三億円事件の手口とそっくりだったことです!?

親戚のおじは、犯行現場の支店宅付近の農協に勤務され

妻は、東芝府中の当時三億円を従業員にボーナスで渡す

従業員工場で実際に勤務されていたそうです

また、実際のモンタージュ写真と

顔のバランスが似ており、双子くらいそっくりで

体型も痩せ体系で怪しいとされています

そして、現金は毎日財布に沢山隠し持っており

自宅は調布市に豪邸住宅として新たに建て

時効成立まで免許証にバイクや普通の内容が含まれ

警官から見つかれば逮捕となることで

会社には内緒で運転して普段は運転していないとされていました。

2016年の情報ではありませんが

確かに、内容を見ると三億円事件と似た犯行手口で

この人物が名前として浮上してもおかしくないですね。

ただ今回の人物は、犯行当時に

名前で浮上されておらず、事件近くの

生々しい情報で発見されていないので

田中弘道が正式な犯人とは分かりずらいですね。

また、俳優で活動しており

現金は財布に沢山あり、豪邸住宅なのは

有名人であれば当たり前の情報に見えるので

三億円事件との関わりは薄いとされますね。

一番カギになるのは

バイクの所持と警官の服装ですが

田中弘道の内容では、免許証は持っていますが

白バイを持っていたり入手することは

困難で警官の服装も俳優が行う行為とは見えません

やはり犯人は最初の事件当時に

リアルタイムで見つかった

父が白バイ隊で息子は暴走族のリーダーで

免許証を持ち、そして失踪した

少年Sという可能性が詳しい情報から高そうですが。

スポンサーリンク

少年父親のその後。本名は関根!

1968年に東京府中市で起きた三億円事件ですが

真犯人が見つからず、時効成立となり

1975年に未解決事件と判定された

主役の実行犯、少年S&父親はその後どんな人生となったのでしょうか

情報では、1975年の時効成立以降

少年や白バイ隊の父親の現在について

最新情報が公開されていない事でその後が気になります。

しかし、2016年の現在になり

少年や父親のその後の人生は判明していません

おそらく、当時噂では

少年Sは事件発生から真犯人と断定されたことで

5日後の12日に青酸カリウムで自殺をしたという

内容から見たら、本当であれば現在は

既に人生を閉じられている可能性があります

これは、少年Sから見たら、未成年で

事件から父が警官で事件から逃れると思い

捕まれば、三億円という高額な金額を盗んだ罪で

将来刑務所生活が長くなることや

親や友達に迷惑が掛かることで、この方法を選んだのではと感じます。

もし、少年Sが現在生きていれば

犯行当時の年齢が19歳で現在は2016年なので

計算から67歳という年齢になります。

また、父親の現在に関しては

自殺や亡くなったという情報は公開されていませんが

一般人であり当時が父親となれば

40代と考えると、80~90代となれば

ギリギリ高齢者として生きている可能性が高そうです

ただ噂では、当時

犯行に関わった父の息子の

少年は自殺とされていたが、親による

陰謀説として子供に責任を負わせたり

世間でゆうめいになりたくなく警官の責任から

父親が他殺に関わって青酸カリウムで亡くなったと言う噂があるので

現在は刑務所は終わっているかもしれませんが

刑が重たければ、刑務所の生活の可能性もあります。

そして、少年Sとして当時は

三億円で未成年で非公開でしたが

現在は噂として本名が生きていれば

成人を過ぎているので公開されています。

本名は関根篤とされています。

でも個人的にはネット上で詳しい

本名が公開されておらず、実際は

キーワードだけが公開されて中身が紹介されていないので

この関根篤という本名は噂で一部では仮名で公開されているという

説が高く判明されています。

犯行当時は少年で未成年なので法律では

名前が出せない事でイニシャルでSとされています。

情報元が判明されていないので

少年Sの関根篤という名前はガセの可能性もあります。

やはり、三億円は陰謀説が高く

犯行人が未成年の可能性が高いことで

一般人なので名前は非公開になっているのかもしれません。

また、様々な犯人の名前が浮上されている影響もあり

本名が判明していないの可能性もあります。

スポンサーリンク