アロハ航空243便(事故)の全貌と機長の原因は何!?行方不明は誰?

今回紹介するネタは

2016年9月20日放送の

フジテレビ「ザ.ボーダーライン」にて

1998年アロハ航空243便で起きた

航空事故の際に乗客を救った乱気流で

紹介となった、アロハ航空243便(事故)の公開!

ネタで使用するキーワード一覧

アロハ航空243便 事故 機長 原因 行方不明

アロハ航空243便(事故)の全貌を公開!

%e4%ba%8b%e6%95%85

この、アロハ航空243便はどんな事故だったのか?

まず、名前ですがアロハ航空243便は

そのままで、アメリカと国内に位置する

アメリカのリゾートで人気の

ハワイ州に存在していた方言としても使う

アロハ航空243便が事故機の本機になります!

事故発生日は、1988年4月28日で

その日はハワイ州のHio空港から

ハワイ州の「オアフ島」のHonolulu空港を

ポイントに飛び立つ予定となっています

1988年4月28日!この日は

午後1時25分でお昼過ぎの現地時間となっていました。

この日は、天候に恵まれ

いつも通りの気候になって

1時25分過ぎに、ハワイ島のHio発

から無事にHonolulu到着の

アロハ航空243便(ボーイング737-200)で離陸に無事成功されました!

空路は何事も起きていなかったので

Honolulu行きの経路となる。

その頃、機内では天候が晴れで

最高となり、CAが5名と乗客が

全部で89名と機長の補助員専門の

1名合わせて95名がゆったり過ごしていた。

客の中では、本を読む方

居眠りをする方、携帯を見る方など様々でした。

しかし、機内のトラブルが

高度約24000フィート(7300m)まで

上昇を繰り返していくのだが

東日本の太平洋側上空でようやく

水平飛行に入った、その直後に

機体上部」が剥がれ落ちていきます。

これには、乗客、乗務員、機長など

機内全員が一瞬の瞬間にパニックに変化しました。

その機体は前方側のドア付近から

左の翼手前までの5.5mに渡り

突然剥がれてしまいました

その後、なんとか243便は

午後1時58分(約33分)に

緊急着陸として、Kahului空港に

機体上部が剥がれた状態で着陸されました!

緊急着陸となり、すぐに

乗客が全員脱出となりますが

95名の約30名が重軽傷ですぐに

救急車から近くの病院へ重症者から

運ばれて治療となりました。

実は、この時に95名の1人

正式には94名になりますが

行方不明となっていたのです!

その人物は「チーフパーサー」と呼ばれ

機内の安全、トラブル、事件、事故などを

防ぎながら、責任者となるCAの代表で

この方が、緊急着陸体制となる

Kahului空港へ急降下と一緒に

ブレーキを掛けた時に「急減圧」という

機内と上空の圧で上部が剥がれ落ちた

前席のドア側から外へ吸い込まれていたのです!

そして、緊急着陸に入りそのまま、滑走路へ進み

停止となりましたが、あと少しの

内容の所で近くでは発見されなかったことで

そのまま事故と一緒に「行方不明」として記録に残されています!

スポンサーリンク

機長原因は何だったのか!?

今回の「アロハ航空243便」の

事故は機長が起こした原因のトラブルだったのか?

実は、機長の操縦ミスでは

なかった可能性が事故後の検査で発見されています!

事故では上空での機体と乗客がその後

着陸時に巻き込まれた形になっています。

しかし、調査によると

機体が上空で浮上された際に

起きた前方上部の剥がれ落ちたのは

正式によくわかりませんが

緊急でマウイに着陸体制に入る時に

ブレーキで急減圧が事故で発生されたときに

機内では乗務員5名以外の90名が全員

機長の緊急サインでシートベルトが点灯され

乗客はしっかりと固定され自席に座って祈っていました。

また、乗務員の2名は近くの座席で

ベルトを使用できたが3名は

自分の仕事が終わっていなく立って活動された事で

事故で重度の怪我に巻き込まれています。

また、タイミングもあったが

急減圧で外の外の圧で機内に負担が何倍も重くなり

床の力が弱くなり、その下にあった

燃料制御ケーブルが切断されたことで

関連された、左エンジン半分が停止となり

そのバランスの影響が不十分で

上空で多くの客を巻き込み、行方不明者も出し

着陸で大惨事の事故に繋がっていた!

この最大の原因は元々の機体だったようで

点検ミスと長期の離陸で当時の技術が

進歩していなかった事で「燃料制御ケーブルの腐食

これで、最初の上空での機体上部の剥がれから

着陸時の減速で急減圧が機内で発生され

事故に繋がった真相だといわれています!

行方不明は誰と現在は?

今回発生された、アロハ航空243便での

1名が不運の行方不明となった人物が誰なのか?

既に公式で公開されていますが、

女性客室乗務員の方となります。

名前などは、一般人で当時が

行方不明の事故だった事で

家族の意向で一切非公開となっています。

そして、現在は、

急減圧で投げ飛ばされてしまった

女性は、まさか!?生きていたのか。

実は、その後

機体トラブルの原因が判明した後に

改めて、海上周辺が怪しいと言うことで

地元の警察や自衛隊など大規模で捜索されたが

そのまま見つからない事に断定して

家族の意向が理解したところで「死亡」と事故で

決定される結果になりました!

あの時に、3名の1人として

近くの席を確保され、なんとか

たどり着いていれば……

こんな犠牲者は出さず、奇跡の生還事故として

全世界で報道され、英雄の95名に含まれていた可能性も!?

感想&まとめ

まさか?日本では

そこまで怒らない大事故が海外では

同じ航空機として引き起こされているとは

こんな内容を皆さんは海外の」ニュースで知っていましたか?

紹介された、アロハ航空243便の全貌は

9月20日フジテレビのザ.ボーダーラインで

もっとリアルに映像で詳しく公開されているので

知りたい方は見逃さずっ!

いやーやっぱり、日本では

建設や部品などの技術の高さはトップクラスだけに

この様な整備点検段階でのミスや

長期の使いまわしだけは、教訓として避けたいですね!

最後までご視聴ありがとうございございました!

以上で全ての説明を終わります。

次回のネタもお楽しみ~^^

スポンサーリンク