バシキール航空2937便(ユーバーリンゲン)空中衝突事故の真相!?

今回紹介するネタは

2016年9月20日火曜日放送の

フジテレビ「ザ.ボーダーライン」にて

2002年のバシキール航空2937便で起きた

上空で飛行機同士の2機が衝突で

紹介となったバシキール航空2937便の公開!

ネタで使用するキーワード一覧

バシキール航空2937便 ユーバーリンゲン 事故

バシキール航空2937便事故とは?

バシキール航空2937便は航空機の機体の名前で

事故の正式名は「ユーバーリンゲン」という地名で

空中衝突事故として記録に残されています!

また、バシキール航空2937便とは

今現在は運航されていない様ですが

かつて、ロシアのウファという敷地内に

会社の本社が実際にあった航空会社であります。

ここの特徴は、地方空路や新線路線(新幹線)を有効活用され

ヨーロッパ、アジア、北アメリカの

チャーター便を運航されてきた。

1991年に会社が設立されたが

2002年に起きた上空での

バシキール航空2937便と(イタリア.ベルガモ発)で

ベルギーブリュッセル行きの

ドイツに様々な企業を設けるDHLアビエーションが

運航している「ボーイング757」とドイツとスイスの

国境付近で衝突事故を起こしたことで2007年に

企業の不安定に繋がり従業員不足もあり廃止となった会社!

ユーバーリンゲン空中衝突事故の真相!

ユーバーリンゲン空中衝突事故は

2002年7月1日の夜21時35分(現地時間)に始まり

発生された、上空での空中衝突事故となります

この事故では、(旧ロシア会社)の

バシキール航空2937便と(ドイツ企業)の

DHLアビエーション、ボーイング757便の

旅客機が巻き込まれました。

2002年7月1日、この日は

朝から晴天の日で、バシキール航空2937便は

スペインバルセロナに到着予定となる。

バシキール航空2937便のこの日は

乗員が9名(運航乗務員5名.客室乗務員4名)で

乗客は60名で合計が69名で乗ることに

乗客たち、実は一般客でも

ロシアのウファ市内で選抜試験に

合格されていた、小中学生と教師が含まれ

合格と卒業の記念ツアーとして

スペインのバルセロナにて開催される

「ユネスコフェスティバル」という

イベントに招待された優等生で

中には、ロシア大統領や政府閣僚の

子供さんまで含まれていたとか!

予定では、イベント後に

イタリア.カタルーニャ地方のリゾート

ホテルで休んだり遊ぶ予定となっていました。

また、2937便に乗る予定は

実は想定外で、45人は6月29日に

離陸する場所のモスクワへ到着された後

その日にバルセロナへ別の定旅行機で

乗る予定が、まさかの時間に間に合わず

送れたことで、不運で緊急で

この便に乗り予定地へ訪れる事になったそうです。

2937便は全員のお客を再度確認後に

いよいよ、滑走路へ入り

間もなく離陸体制となり正式に

バルセロナへ向け上空を平行の飛行へ向かいます。

上空では、ドイツ上空をほぼ西方向へ

正しく飛行となり、高度は約36000フィートを

正確に飛行されていました。

一方のボーイング757(611便)は

スイス領空をほぼ正確に北方向へ

高度32000フィートで飛行体制となっていた。

その差は約4000フィートになります。

しかし、611便は2937便が視界には

遠い方向に見えた事で、もう少し

高度を上昇させたく事故の12分前に

36000フィートを管理官へ要求されると

その後8分50秒くらいに、許可を降ろされ同じ高さまで上昇しました。

この時にそのままでは高い確率で事故となる

コリンジョンコースを飛行していた両機。

この時間帯までは、まだ危険を回避できる

手段と間隔が残されていた。

その後、611便はドイツ領空へ入るが

ここは、(ヴュルテンベルク州)西部が

スイスの完成区域となっていました。

また、611便の方の管制では

スイス全域とドイツ南部を管理していたのが

当時は1人だけの管制官だけでした!

当時は、スイス、ドイツの高度区域と

西部のフリードリヒスハーフェン空港の

新入管制を、ほぼ同時に担当されているので

無理もありません。

また、普通では危険な飛行となれば

警告が作動となるが

運が悪く、機器点検で機能が

半分となっていた事で、普段から

起きないので、無効状態となっていました。

その時に約5分の新入管制の

指示をしていたことで

全く残りのタイムリミットを気にしていませんでした。

その後、そのまま衝突の50秒前となり

既に、2937便と611便には

両機に「空中衝突防止装置」が双方の影を見つけていた。

43秒後に一方の管制官が両機が

同高度を飛行され接近している事に

反応すると、2937便側が普段通りの

管理体制となったことで、「交錯する機があるので

送球にフライトレベル350へ降下せよ」と指示。

36秒前には、双方に防止装置が警告される。

その後、611便が降下で2937便が

上昇という管制が信号される。

すると、2937便の乗員へ管制をするが

聞こえなかったことで、29秒前に

管制官がもう一度降下しろと指示。

2937便の防止装置では上昇を

指示していたが、実際に乗員は

管制官が正しいと認識されたことで

降下を開始してしまった。

一方の611便は(TCAS)防止装置を

信じて降下を開始。

本当の危険が迫る中

18秒前になると、新たに

611便にTCASが、もっと危険度が高い

信号として降下率増加を指示するとTCASを信じて下がる。

その後、611便がTCASの作動を

緊急降下中を管制に通報となったが

13秒前に管制官は2937便に対し

611便を2937便側から見ると2時の方向から飛行と

認識されたことで611便の通報が伝わらず。

それが影響され

両機が降下に動いている事に

事故直後まで反応が出来なかったのか?

その後、611便の管制官が2937便が

降下開始の通報を乗員から聞いて

回避と誤認を信じて8秒前に

再び「フリードリヒスハーフェン空港」の管制に戻ることに。

6.5秒前に2937便のTCASが上昇率増加を指示される。

衝突の2.8秒前に

機体のタイヤが全力で引かれるが

午後11時36分32秒に611便と2937便が

西部のユーバーリンゲンの上空高度34,890フィートで

611便側の翼が2937便の胴体を分裂する形で「空中衝突」となった!

2937便は空中分解され墜落

611便は衝突での片方の翼が

垂直の80%が失われたことで、操縦不能になり

2分間の飛行の跡に

7km先の森林へ70度以上の逆さ状態で墜落となった!

その後の生存者は両機ともに

確認されず全員が「死亡」と

断定された事故になりました!

スポンサーリンク

事故の原因は何だったの?

バシキール航空2937便とボーイング757便の

原因は何だったのか?

事故後の調査によると、

スイス領空全域とドイツ西部の

スカイガイド社が証拠となり

611便の管制官は職歴8年のベテランが

最大の理由となり、原因が(管制の指示に速やかに従わない)

2937便にあると主張されました。

さらに、スイスとドイツの空港会社は

2937便が民間のチャーター機だったを延べ

現地領空の区域の経験が不慣れで

英語の管制が不足されたことが

最大の可能性として発言されています。

それに、マスコミ側まで

2937便には、(TCAS)装置が

民間で古かったことで搭載されていなかったのでは?

そんな批判な見方まで出ていました。

一方のロシア側はバシキール航空は

高い確率でバルセロナ経由を運航され

乗員の5名は全員が経験豊富なベテランで

機長は22年で5年前に製造された

最新型の航空機だったと述べた事で原因が困難となりました

しかし、正式な長期の調査で

バスガイド社の設備にトラブルがあり

つまり、611便側にあり

当時も管制で運行中に規律違反の

整備点検が一番の事故の発生として判明しました

さらに、当時の管制は2名が勤務され

1人は休憩で管制業務から

離れており2機が区域を飛行されている場合

本来であれば、2人体制でこれが実際に

違反となる証拠でバスガイド社では

経験からルールになり上層部からも求められていた。

そのように、違反を無視され良い訳となっていました

これが、本当の原因であり

多くの証拠が611便側にあることで

事故が起きたのではと記録にあります。

これは、事故の時に正しかった装置の指令を無視された

2937便にも隠されているので

個人的には双方に原因があり事故になったのでは?

感想&まとめ

今回紹介されてきた

バシキール航空243便の全貌と真相は

ザ.ボーダーラインにて詳しく

また、リアルに公開されているので知りたい方はチェックを!

原因についても

おそらく、紹介されている思うので

原因が本当に611便だったのか

それとも、最新では243便だったのか、双方だったのか?

最後まで気になる内容でした。

日本では、民間機にしても

国際機にしても、このような

双方での大事故そして、犠牲者だけは

避けたいニュースですね!

最後までご視聴ありがとうございございました!

以上で全ての説明を終わります。

次回のネタもお楽しみ~^^

スポンサーリンク