甲斐有莉郁容疑者(熊本市/逮捕)の顔画像&生い立ちや高校・大学とインスタ・ツイッター・フェイスブック。

以下では

2020年8月に発生した

詐欺事件の加害者で

熊本県熊本市北区植木町の無職・

甲斐有莉郁容疑者(29)の

詳細、プロフィール、画像、SNS

についてまとめました。

スポンサーリンク

甲斐有莉郁容疑者の詳細について!

2020年8月

熊本県にて

当時

熊本県宇治市松山町の22歳飲食店従業員男、

熊本市北区植木町の29歳無職女の2人

共謀から

生活費に困った末の金銭目的を機に

新型コロナウイルスによる

収入が減った

事業主を偽り

インタネットで

虚偽申請後

持続化給付金200万円を

騙し取った

詐欺容疑(刑法246条懲役10年以下)で

その後

県警署員の

現場検証から

2020年6月23日

緒方心太郎&甲斐有莉郁容疑者が逮捕され

犯行について

2人共に認め

動機について

Kは

「生活費に困ったやった」

供述しました。

[プロフィール]

名前>甲斐有莉郁

年齢>29歳

在住>熊本県熊本市北区植木町

職業>無職

スポンサーリンク

まとめ感想。

逮捕された2人のうちの

男は

飲食店従業員

だったみたいなので

時短営業と共に

お客が少なく

食料や電気量で

赤字になり

盗んだと思われますが

気になるのは

女は

もともと無職だったのか

それとも

どこかで働いていたが

失業してしまったのか

現段階で

このような

持続化給付金詐欺が

多発だけに

やってはいけませんが

対策としては

流入した原因が

中国が発端なので

失業者からみたら

どうしようもない

問題ですね。

スポンサーリンク