木村涼雅君(青森県六ヶ所村/水難行方不明事故)の顔画像&中学とインスタ・ツイッター・フェイスブック。

以下では

2021年8月2日に発生した

水難事故の被害者で

青森県六ヶ所村平沼の中学3年生・

木村涼雅君(13)の

詳細、プロフィール、画像、SNS

についてまとめました。

スポンサーリンク

木村涼雅君の詳細について!

2021年8月2日

午後16時30分ごろ

青森県六ケ所村の一級河川高瀬川河口にて

当時

友人の

12歳男子中学生と2人で訪れ

遊泳中だった

六ヶ所村平沼の中学3年生・

木村涼雅君(13)

誤った泳ぎ方、

急な天候不良による強風・高波・離岸流

病気(発作・持病・熱中症・足つり)、

小動物接触(クラゲ・エイ)

といった

何らかの原因を機に

2人が溺れる水難事故

男子中学生は

自力で這い上がるり

命に別状はないが

木村君の行方が分からなくなり

木村君の父親から

消防へ119番通報後の

3日午後13時現在

引き続き

消防・海上保安部・県警の

隊員による

捜索活動中です。

[プロフィール]

名前>木村涼雅

年齢>13歳

在住>青森県六ヶ所村所村平沼

職業>中学3年生

スポンサーリンク

まとめ感想。

水難事故が起きた

青森県の高瀬川河口は

これまでに

溺れるような

目立った事故のニュースは

報道されていない事から

起きなかったとされている事から

遊泳管理者側の

責任でなく

これは

未成年事故から

ライフジャケットを

装着さず

しっかり

監視していなかった

保護者側に

責任があり

一見

河口は

浅瀬で緩やかから

泳ぎやすいと思われますが

海沿いに面し

午後は

離岸流が

発生もするので

安心はできず

どんなに

浅瀬でも

海に限らず

水遊びは

転倒して

打ちどころが悪いと

立ち上がれなくなると

溺れるので

ライフジャケットは

義務化されていなくても

必要不可欠になりますね。

ちなみに

海上保安庁HPでの

発生時刻は

午後20時50分で

報道関係者が

午後16時30分と

公開されているのは

どちらが

正しいのか

分かりませんが

夜に泳ぐことは

ありえないので

海上保安の時刻は

おそらく

通告し

発覚した時間

という意味だったのでしょうか。

スポンサーリンク