大嶌真歩さん(北海道栗山町事故)の顔画像や小学校&中学やインスタ・ツイッター・フェイスブック。

2022年6月21日

午後17時すぎ

北海道栗山町朝日2丁目の国道234号信号機付き見通しの良い交差点にて

当時

右折方向から

乗用車を運転走行中だった

埼玉県所沢市の72歳男

わき見(ナビ・スマホ・タバコ・信号無視)、スピードオーバー(制限速度50km以上)、居眠り(病気・飲酒・薬物)、

蛇行(幅寄せ・車間・ブレーキ・ランプパッシング)、死角(障害物・小動物)、

ハンドル・シフト誤操作・故障(ブレーキ/アクセル不点灯)

といった

何らかの違反運転を機に

自転車から降り

押して歩いて

横断歩道を渡っていた

北海道の中学生・

大嶌真歩さんと衝突事故

関係者から

消防・県警へ通報後

被害者は病院へ搬送も

27日午前0時現在

意識不明の重体による

治療中で

現場検証から

過失運転傷害容疑(刑法209条罰金30万円以下)で

その後

新井田秀一容疑者が逮捕されました。

[プロフィール]

名前>大嶌真歩

在住>北海道

職業>中学生

スポンサーリンク

まとめ感想。

まず

事故に遭われた

被害者の

命が一刻も助かることが第一ですが

現場となった

北海道といえば

全国でも

最も

直線が続く道路として有名で

今回は

夕方に

被害者が学校か塾から帰宅途中かに

自転車を歩いて

巻き込まれたとすれば

加害者は

右折中だったそうなので

直線のように

走りっぱなしでなく

一度

ブレーキを弱め

曲がるはずですが

夕方もあり

被害者が見えづらかったとすれば

もしかすると

被害者側は

反射材などを

身に着けていなかった可能性もあり

夕方や夜間は

自転車などは

真横からでは

ライトなどは

見えなくなる場合から

自転車や服に

反射材を付けるなど

目立たせて

歩く事が大事なのかもしれないですね。

スポンサーリンク