高山飛勇我容疑者(千葉県君津市)の顔画像&生い立ちや高校・大学とインスタ・ツイッター・フェイスブック。

高山飛勇我容疑者はユーチューブの動画投稿で?!

2022年6月26日

午後15時ごろ

千葉県木更津市真舟の市道にて

当時

知人同士で

君津市の22歳自称会社員男

仕事(業務方針・接客態度・作業手順ミス)、金銭(借金・投資・相続遺産・連帯保証人・薬物)、交際(結婚・離婚・復縁)、

介護(病気・食事・入浴・就寝・リハビリ)、騒音(ゲーム・音楽・掃除)、交通上(駐車・敷地)

といった

何らかのトラブル

または

ふざけた遊び半分で

黒のハマータイプ乗用車に他の男性2人を乗せ

運転走行から

木更津市のとび職・

三枝隼年さん(21)を

左側側面に掴まらせた状態で

数十m発進から

転落させた

過失運転致死(禁固・懲役7年・罰金100万円以下)で

その後

同乗者1人が

県警へ

「事故を起こした意識と呼吸がない」と

110番通報後

現場検証から

高山飛勇我容疑者が逮捕され

犯行について

認める供述をされました。

[プロフィール]

名前>高山飛勇我

年齢>22歳

在住>千葉県君津市

職業>自称・会社員

スポンサーリンク

まとめ感想。

今回起きた事故が

本当に

遊び半分だったなら

防げたかもしれない

事故で

命を落とした

知人に対し

加害者は

どれだけの

後悔と悲しい気分になっているのか

普通は

軽い遊びで

絶対に車にしがみついた状態で

運転はしないので

事故を起こした後のことまで

考えなかったのではと思われ

ましては

その現場が

市道なので

明らかにふざけた遊びで

最初から

遊ぶつもりなら

もう少し安全な

砂がある

道路以外で

被害者にヘルメットや

クッションありの

防護服などを着用させていれば

失敗しても

命は落としていなかったとすれば

本当に事故とは思えず

偽装を図るような

隠されたトラブルがあった

事件ではなかったのかなと

思ってしまいます。

一番気になるのが

今後

同じような

遊び半分で

このような

違反者が増えないかで

そもそも

市道で

側面に掴まらせること自体が

正しい乗り方の

マニュアルに記載されていないので

道路交通法の

違反に含まれるのではと….

スポンサーリンク