草皆心陽君&草皆陽愛さん(千葉県印西市/緑川水難事故)の顔画像&経歴や小学校と原因は浮き輪と…!?

草皆姉妹の水難事故原因は浮き輪で生死を?

2022年8月11日

午後16時50分ごろ

熊本県甲佐町津志田の河川自然公園付近の「緑川」にて

当時

家族の両親らと

キャンプに訪れ

遊泳中で

浮き輪を身に着けていた

千葉県印西市牧の原6丁目の4歳弟、

小学4年生の妹・

草皆心陽さん(9)、

小学6年生の姉・

草皆陽愛さん(11)の3人

誤った泳ぎ方、病気(発作・熱中症・足吊り/痙攣・小動物接触障害物衝突のケガ)

といった

何らかの原因を機に

溺れる水難事故

家族の1人から

消防・県警へ

「子供3人が流されている」と

通報後

駆け付けた

県警署員が

底に沈んでいる

姉妹2人と意識ありの

弟を発見救出後

病院へ搬送も

弟は命に別状はなかったが

姉妹の2人の

〇亡が確認されました。

[プロフィール]

名前>草皆心陽

年齢>9歳

在住>千葉県印西市牧の原6丁目

職業>小学4年生

[プロフィール]

名前>草皆陽愛

年齢>11歳

在住>千葉県印西市牧の原6丁目

職業>小学6年生

スポンサーリンク

まとめ感想。

ここ最近

毎日のように

夏の季節と夏休みやお盆の

連休が影響してから

各地の海、川で

水難事故が多発している中

熊本県の緑川では

家族で

キャンプに訪れていたうちの

弟と姉妹の3人が

溺れる事故が起きたそうですが

その原因が

弟は

浮き輪で助かったそうなので

姉妹は浮き輪を付けていれば

助かり

今回

浮具を身に着けていなかったとすれば

これが

生死を分けたのではと思われ

この川は

比較的

幅の広い川で

透明でないため

水深が深いところもあり

姉妹は

足が届く場所から

届かない場所に

バランスを崩したか

急なダムの放流で

流されてしまったとすれば

このような

河川は

海と違い

押し戻されるのでなく

流されると

どんな泳ぎが得意な

大人でも

上流方向には

戻れないだけでなく

水深が不規則で

把握できず

管理区域されていないため

特に

自己責任から

浮き輪か

ライフジャケット着用は

必需品かもしれないですね。

スポンサーリンク