藤森正揮容疑者(北海道帯広市)の顔画像&生い立ちや高校・大学とインスタ・ツイッター・フェイスブック。

藤森正揮容疑者は勤務先で悩み事が?

2022年9月26日

午後17時40分ごろ

北海道帯広市西21条南2丁目の信号機&道路標識無し市道T字路直線交差点にて

当時

左方向から

軽乗用車を運転走行中だった

帯広市の25歳自称会社員男

わき見(ナビ・スマホ・タバコ・信号・道路標識無視・考え事)、スピードオーバー(制限速度50km以上)、居眠り(病気・飲酒・薬物)、

蛇行(幅寄せ・車間・ブレーキ・ランプパッシング)、死角(障害物・小動物)、

ハンドル・シフト誤操作・故障(ブレーキ/アクセル不点灯)・改造、シートベルト非着用

といった

何らかの違反運転を機に

自転車に乗り

横断歩道を渡っていた

60~90代女性と

衝突事故

関係者から

消防・県警へ通報後

被害者は病院へ搬送も

全身強打で

〇亡が確認され

現場検証から

過失運転致死容疑(禁固・懲役7年・罰金100万円以下)で

藤森正揮容疑者が逮捕され

犯行動機について

「考え事をしていて前をよく見ていなかった」

認める供述をされました。

[プロフィール]

名前>藤森正揮

年齢>25歳

在住>北海道帯広市

職業>自称・会社員

※一部引用元>NHK北海道放送局

スポンサーリンク

まとめ感想。

今回

起きてしまった事故ですが

加害者は

考え事をしている最中に

気付かづ

自転車に乗っていた

被害者と衝突されたそうですが

その考え事が

運転以外の事なら

いずれ帰宅するまで

運転中は我慢していれば

事故は

起きなかったようにも思えますが

もしかすると

考えても

悩んでしまうという事は

勤務先か自宅の

生活習慣で

今後の事が心配になり

突発的に

思い浮かべてしまい

運転より

悩み事が優先していたとすれば

蛇行のような

運転で

歩行者からしても

絶対に止まってくれるような

間隔だったのでしょうか。

スポンサーリンク