原勇貴さん(新潟県三条市/バイク事故)の顔画像&経歴や高校・大学とインスタ・ツイッター・フェイスブック。

原勇貴さんバイク事故の多発性外傷に疑問?

2022年11月18日

午前5時前

新潟県三条市月岡の路上にて

当時

用事かツーリング目的で

400cc大型バイクを運転走行中だった

三条市本町の大学生・

原勇貴さん(20)

わき見(ナビ・スマホ・タバコ・信号・道路標識無視・考え事)、スピードオーバー(制限速度50km以上)、居眠り(病気・飲酒・薬物)、

蛇行(幅寄せ・車間・ブレーキ・ランプパッシング)、死角(障害物・小動物)、

ハンドル・シフト誤操作・故障(ブレーキ/アクセル不点灯)・改造、シートベルト非着用

といった

何らかの原因を機に

のり面崖下に

単独?転落事故

通行人目撃者から

県警へ

「道路の真ん中にバイクがある」と

110番通報から

駆け付けた署員が

「助けてくれ」と叫ぶ

Hさんを発見救出から

消防を通じ

病院へ搬送も

多発性外傷で

〇亡が確認されました。

[プロフィール]

名前>原勇貴

年齢>20歳

在住>新潟県三条市本町

職業>大学生

※一部引用元>NST新潟総合テレビ

スポンサーリンク

まとめ感想。

18日に

新潟県三条市月岡の路上で起きたとされる

交通〇亡事故ですが

一見

バイクの運転手は

のり面がけ下に

転落したことによる

事故扱いのような

報道に見えますが

本当に

単独事故だったのかなと

思ったのが

多発性外傷という

死因で

これは

体の複数に位置する

頭部、頸部、胸部・腹部、骨盤・脚に対し

同時に

重度のケガを負う事で

多くが

車同士や歩行者と車など

2方以上で起きることが

衝撃の強さから

一般的なだけに

単独で

起きるのかなと

疑問にも思うのですが

スピードを出しすぎて

死角になったり

ハンドルを切るのが遅れたか

この時期は

秋でも

午前5時とは

朝方で気温が寒ければ

凍結から

スリップして

プロテクターなどを

つけていなければ

衝撃が倍になるので

転倒しただけでも

衝撃は相当ですが

さらに

体ごと摩擦で滑って

がけ下ののり面に

転落した際に

落差で

体ごと

強打した際の衝撃が

さらに加わったことが

“多発性外傷”という

形なら

単独事故でも

起こりえるのでしょうか。

なので

がけ下への幅が狭かったか広かったのかの

問題にもより

事故後では遅いと思いますが

のり面の崖側に

転落衝突防止のような

マットのような吸収材を

外側から設置されていれば

転落した際も当初は

意識が合ったそうなので

転落していなければ

助かっていたのかもしれません。

スポンサーリンク