須永尚樹さん(埼玉県川口市芝塚原1丁目3-9室ハイツ殺人事件)の犯人の顔画像&家族とツイッター・フェイスブック。

須永尚樹さん殺人事件の犯人は親族か知人?特徴も。

2022年12月2日

午後14時45分ごろ

埼玉県川口市芝塚原1丁目3-9の2階建てアパート1階「室ハイツ」畳上にて

当時

親族か知人か金銭に困った強盗の

何者かの第三者

仕事(業務方針・接客態度・作業手順ミス・雇用・採用)、

金銭(借金・投資・相続遺産・連帯保証人・薬物・代金返済)、交際(結婚・離婚・復縁)、

介護(病気・食事・入浴・就寝・リハビリ)、騒音(ゲーム・音楽・掃除)、交通上(駐車・敷地)、家事・育児

といった

何らかのトラブルを機に

刃物で

同部屋の1人暮らし住人で無職・

須永尚樹さん(56)の腹部など

複数か所を〇し

その後

患者の担当医だったとみられる

40代訪問介護医師が訪れた際

反応応答がなかった事から

県警へ

「応答がない窓越しに室内を確認したら人が倒れている」と

110番通報後

被害者は

病院へ搬送も

臓器損傷の出血性ショックで

〇亡が確認され

一方の

加害者は

3日現在

逃走中で

現場検証から

○人事件と断定後

聞き込み、防犯カメラ映像&ドライブレコーダー解析記録、DNA遺留物鑑定から

追跡調査中のようです。

[プロフィール]

名前>須永尚樹

年齢>56歳

在住>埼玉県川口市芝塚原1丁目3-9室ハイツ

職業>無職

※一部引用元>共同通信/毎日新聞

スポンサーリンク

まとめ感想。

報道関係者の

情報以外の

一部同事件のまとめサイト

情報からによると

現場のアパートは

外観から見る限りでは

路上に近く

段差も低く

かなり

年数が経過した

防犯設備が

不十分で簡単に

侵入されてしまいそうな

場所ですが

事件当時

訪問したのが

訪問介護医で

被害者は

1人暮らしで

玄関や窓周辺の扉が

施錠され

ここから

被害者が

病気や

持病で働けず

金銭に困ったような

自ら経つ選択をしたか

不良な

事故だったのではと

思われましたが

〇し傷や

第三者の指紋など

痕跡が残され

不自然な点が見つかったのか

事件と断定されているそうなので

そうすると

アパートなら

騒音に困った

同じアパートの別部屋の住人や

介護に疲れた

親族などに絞られ

無職からしてや

荒らされた痕跡がないなら

強盗犯ではないと思われますが

親族以外で合鍵を持っていたとすれば

訪問介護医師や家政婦を雇っていたなら

その当たりも

含まれるのでしょうか。

スポンサーリンク