次の人類へ向けて新たな歴史を作るため足跡を記録中!

その目的はいつか解決する日を願い!

中国に野人が神農架で捕獲?正体は小頭症か?画像と動画で映像を分析!

      2016/12/25

     

今回皆さんに向けて

特別に暴露するネタは

12月24日のクリスマスの

当日に、特番で

TV朝日のビートたけしの超常現象

でも1コーナーで特集された

16年までに

中国の、とある秘境の

神農架という

限界集楽で奇妙にも

突然と、古代から

山の中で暮らしていた

野人が見つかった

という詳細について迫る!

中国で生活する野人の特徴とは?

その正体は、説明する前に

こちらの画像をご覧ください。

中国では、どうやら

UMAのような、または

森で暮らす、動物の

ゴリラのような姿が

野人“だという

噂があるが、実際には

2枚目のような

古代~戦国時代まで

日本なら、竪穴式で

狩りをして、生活したり

仙人と呼ぶ、山で

修行をするような

そんな、スタイルで

山奥の、洞窟などで

食料は、自然の

植物、魚、動物、野菜

などを食べながら

365日を暮らすのを

野人と表すみたいです!

 

人種としては

外人ではないので

アジア系の日本混じりのような

顔の表情で

衣服などは、身につけるのかは

そこの地域で

伝統の風習文化により

違い、実際に

マサイ族など

ケニアでも、野人ではないが

そのようなスタイルを

取っており

実際に、そこまで

毛などは、モサモサ

までは、生えないはずです。

 

・二足歩行や四足歩行で歩く

・衣服は身につけないのが基本

・身長は3~5mくらい

・年中、山奥や屋外で生活

・衣服などは身につける場合もある

(絹、布製品など)

神農架という秘境の村で捕獲!?

ここは、中国でも

秘境と呼ばれる

日本なら、限界集落や

天空の城などのような

例え方で、実際に

「神農架」は、大自然が残り

世界の村でも有数の

自然遺産に登録されても

世界遺産に登録されても

おかしくない場所に

噂でUMAで、伝説的でもある

野人が、この村の

どこかで、静かに

暮らしていたのだ!

 

既に、16年現座までに

実は、”捕獲“と例えられる

ニュースが中国の国内や

動画でも紹介されています。

 

そこで、静止画が

流出されているので

拝見してみたいですか?

こちらが、あの

野人と呼ばれ、実際に

見て、納得するように

特に特徴的な

(衣服も身に付けず)、

(身長も高身長)のような

当てはまる姿が

納められた超貴重な

スタイルなのです!

 

これは、静止画なので

特徴が分かりずらいが

見た目では、

猿人のような、古代の

アジア系で暮らしていた

ホモサピエンス

アウストラロピテクスのような

祖先の表情にも似ている気も。

 

実際にも、実は

50万~180万年前には

北京原人と呼ぶ

中国の首都に存在する

(火、狩りを行う)

猿人が暮らして

ここにも、

存在したのかもですね!

 

場所とアクセスは出来る?

 

場所については

正式には、

中国「湖北省・こほくしょう」

神農架(しんのうか)という村で

(省)とは、日本なら

都道府県になり

県庁所在地になりますね。

 

ちなみに、湖北省は

国の面積の湖の広さで

2番目に大きく、交通では

首都の北京などに近く

使用もするなど

インフラや大自然などが

しっかり整えられる

素晴らしい環境の

地域でした。

そして、ここは

国内では唯一の

盆地と呼ばれる、

四方八方、山や林に

囲まれ、水源もわき水

動物も絶滅なども生息する

山間地であり

限られた、自然環境が

守られる特別な地区でした

 

次に、ここの

秘境まで、実際に

車、電車、バスなどで

訪れるのか?

 

どうやら、ここまでは

行けるみたいで

行き方の手順はこんな感じ。


1.日本~上海(北京)まで

飛行機で行く

2.上海(北京)~湖北省まで

バスや電車を使用

3.湖北省(対応機)~

神農架空港で現地に到着

4.バスやタクシーなどで

秘境を目指し到着

正体は小頭症が正解か?

どうやら、答えを説明すると

先ほど、上記で

公開された、ある人物の

画像は野人では

ありませんでした!

 

えっ?、じゃあ

あの正体は…..

この方は

小頭症患者」でした!

小頭症とは、基本的に

病気というより

元々の遺伝性の疾患で

普通の方と比べて

知的や身体に障害が生じ

結果的に、食事も

健康生活も、運動も

手術も、治療などを

改善しても

治る可能性が0で

症状では

発育がストップしたり

学習能力、不自然な行動

などを引き起こし

実際に、この方は

頭の形が不自然で

骨が幼少期で成長され

完成したことで

停止され、その能力が

大人でも、このような

衣服などを身に付けない

などの障害が出るとか!?

 

既に2011年時点で

別の病気で亡くなったそうです。

 

では、あの

秘境の村で現れる

謎の野人は何だったのか?

 

それは、未だに解明が

この正体、以外で見ると

合成や別のUMAの姿ばかりで

明かされていないのです

 

ただ、地元では

特別な博物館の施設を

既に解放され、観光客目的で

写真、足跡、体毛、骨

などの、証拠品が

展示されているみたいです。

 

しかし、これが本物なのかは

地元や、ここで

働いている職員のみで

もしかすれば

はく製などを、偽物で

作成している可能性も。

 

ですが、実際に

地元住民は信じており

既に、過半数を超える方が

あれは、絶対に

「野人」だとする

証拠を、今度は

警告の看板を

(野人に要注意)!

そのような案内を

観光客に

発信しているとか。

個人的には、その正体は

実は、最近新たに

研究者が現地で調べると

フンや倒された竹の子

などがあり、人間ではないとすれば

専門家は、動物だと推測しました。

 

だとすれば、それは

日本では珍しくない

クマ」で、あの野人とは

毛並みで判断してしまったのでは。

 

しかも、足跡は

人間の数倍の大きさで

今回の特集でも

足跡が残され、その大きさが

40~50cmだとされています。

画像と動画映像を分析した結果!

さて、最後は

今までの、おさらいを

全て、こちらで

証拠になる

画像と動画で映像を

分析するのだが

もう、頭症症だと

当時、現地の方が

11年まで目撃していた

正体をネタバレ

してしまいましたね。

 

ですが、動画は

まだ、お見せしていないので

拝見してみますか?

 

 

どうですか?

確かに、言われてみれば

猿人にも見えるが

行動や仕草を全体から

見たり、証拠で

既に家族と過ごし

インタビューにも

応対しているので

野人とは少し違いも

見えるが、この裸の意味が

気になるが、これも

大自然や症状の

現れかもですね。

しかも、身長が高身長でも

3~5mのような

巨人として

認められたほど

大きくはなく

この方は、篠原信一のように

巨人症のような

疾患もあったので

その現れも証拠として

残されています。

 

映像で、叫ぶような

姿も、知的となりますかね?

 

じゃあ、当時の

現地で目撃されていた

この方、以外で

当てはまるとすれば

何だったのか?
しかも16年現在も

目撃が継続するなら

それは、違う可能性も

見えてきますね

 

だとすれば

有力は、北京原人のような

スタイルの現代版が

野人化して、暮らしている

可能性もあるのでは…..!

 

もしも、それ以降

特に、今回の

特集で目撃がないなら

それは、あの

小頭症患者の普通の

現代の人間と

見間違えと判断できますね。

 

感想&まとめ

果たして、何らかの

手がかりが明かされたのか

今回の超常現象では

元柔道選手の

篠原信一が

野人に似ている

スタイルだった事から

現地で当時の証拠や

ヒントを追跡されています。

 

本当に生息して

生活していたなら

ある意味、凄い発見ですよ!

 

以上で

ここだけのオリジナル

機密ネタを終了します!

 

いつでも気になる

情報が一致したら気軽に

拝見してみよ~。^^

それでは次回のネタ

もお楽しみにっ。

 - UMA