タンス航空204便墜落事故(ペルー/リマ)の原因は?現在と会社は?

今回、

ピックアップ

して皆さんに

プレゼント

するネタは

今から、

2005年の

約12年前に

国内では

あまり知られない

南米の

ペルーのリマで

起きた非常に

珍しく、

その後

ショッキングとなる

“タンス航空204

便墜落事故”

について

追跡取材を

実行します!

タンス航空204便の特徴って何?

まず、

今回の2005年に

ペルーのリマで

突然と

発生した

事故機の

「タンス航空204便」

とは、どんな

特徴か

日本人から見れば

中々

乗車しないので

気になる

でしょうか?

こちらの

飛行機は

日本の

飛行機なら

「JAL」「ANA」などが

運行するような

一般的に

お客専用の

旅客機

であります。

そして、

当時、使用された

機体は、なんと

既に

人間なら

成人から

中年となる

ベテランの

機体であり

それは

24年前から

使用されて

1981年の

昭和の時代に

製造が開始された

とても、古い

旅客機であり

最近でも

それは

アジア地域でも

同じような

機体の事故が

発生された

あの

ボーイング737-200

という

メーカー

でもありました!

こちらが実物です!

以外にも

日本の

国旗の色に

見えるが

それは似ている

だけで

実際は

ペルーの

国旗の

左から

赤、白、赤の

国際便を

表す

国内では

当時から事故

発生日までは

毎日のように

使われていた

有名な

旅客機

でもありました!

ちなみに

この

ボーイング社は

アメリカ国内の

会社が製造され

この707は

座席数は最大で

約300席

ほどある

巨大な

機体でした。

ペルーのリマってどこなの?

では、次に

ペルーのリマが

運営している

今回の事故が

発生した

地域が

どこか

簡単に

説明しますか!

なんと

ここは、

日本人は

あまり知らないが

首都」だそうです。

日本なら

中心都市は

東京都

こんな地域

だそうで

年間の観光客は

間違いなく

ここが

主役ですね。

人口は約800万人で

太平洋側の

海岸や広大な

ナスカなどが

存在する

近くの

砂漠などに

近い

特徴が

あるそうです。

さらに

ここは

植民地といわれる

国外が多く

移住した

時代の方が

希望で

建てた

異なる

美しい

建造物では

世界でも

珍しい

都市であり

国として

今でも

有名で

夜になれば

こんな

美しい

伝統的な

建造物を

見れるそうです。

その多くは

スペイン人向け

だとか。

今では

ユネスコ世界遺産

にも

登録される

植民地時代の

建造物

目当てに

多くの

観光客の

首都で

有名だとか。

スポンサーリンク

204便墜落事故の裏側に何が….?

それでは

リマの事故と

地域の関連を

おさらい

した所で

世界衝撃映像100の

2/15でも

公開された

裏の真相について

とことん

拝見しますか!

その、ペルー

リマの発や到着

となる

「タンス航空

204便事故」は

今から約12年前の

2005年8月23日に

国が運営する

約300人の

定員の

旅客機の

会社が

巻き込まれる

悲惨な

日となります

この日は

悪天候もなく

通常通りの

滑走日和となり

いつもと同じく

乗員は

操縦士

副操縦士

CAの平均の

約6人が乗車され

この日の

目的地までの

観光客は

約92名で

その多くが

国内の方でなく

旅客機のため

隣接する

アメリカ人や

ヨーロッパ系の

人物でありました!

中には

1名のアジア地域に

含まれる

オーストラリア人も

乗車して

いたみたいです。

だが

この日は

なぜか….

運が悪く

たまたま

航空の近々

勤務する

研修生である

訓練中の副操縦士が

いつもなら

ベテランの

2人が3人体制で

乗っていたみたいです。

さらに

離陸前には

普段は

副にいるが

研修生がいて

余分はないので

もしもの為に

機長の

補助で

緊急の席へ

待機が、この時

まさかの

補助用が

シートベルトが

壊れていた為に

一般の

客席の部屋で

待機していた

みたいです。

だが

そんな緊急も

既に予約で

変更は国が

運営して

管理なので

簡単には出来ず

遂には

正午過ぎ頃に

国内の

他県であり

西の地域の

空港である

「ウカヤリ県」の

プカルパ市の

地元で唯一の

プカルパ空港」を

目指して

普段と同じ

操作方法で

機長の手により

離陸します。

だが、そこから

しばらくして

現地時間の

(午後15時6分)

三時のおやつの

時間であり

約3時間の長旅も

楽しみ、後少しで

到着という

約3k離れた

(高速道路付近の

水と土が混じる

沼池)に不時着

状態で着陸

するが、

この瞬間が

大惨事となり

世界的にショッキングで

報じられる

何らかの原因で

バランスを崩した

「墜落」と確認され

ここで

機体がバラバラの

粉々で

形の原型が

見えない程の

姿で、数時間後に

会社との

連絡の途絶えで

その後、警察や

消防への通報で

見つかりました!

そして

その後、気になる

情報は

乗客と乗員の

安否確認だが

残念ながら

98名のうち

パイロット3名の、

乗員5名、乗客35名の

合計で

40名が

その場で

命を奪われた

みたいです。

本当の原因は操作ミス&悪天候?

そして、その後

警察や地元の

消防に対し

記者や遺族が

当時の事故の

本当の「原因」

について

質問されるが

この数日間は

まさかの

不明という回答が

現地の会社から

判明しています。

その理由は

普通なら、

素早く、

解析で

音声で判明する

ブラックボックス

という

心臓部分の

部品が、その場で

落ちており

発見されるが

その当時は

場所の問題で

発見されなかった

みたいです。

当時は

疑問に感じ

多くの方は

破壊されたか

動物が

持ち帰った

という説が

有力だったが

その後の

結果では

国内の人が

有力として

盗んだ可能性が

周辺の暮らしで

分かり

懸賞金の結果

住民が

記念にと

持ち帰った

事実が分かり

後日に

警察から

会社側に戻され

ここから

解析で

判明するとか!?

そして

その音声記録から

判明した

事実が

当時のボーイングには

そのような

最先端の

機能として

現在地を

自動で知る

装置である

「レーダー」

が搭載

されていなかった

みたいです。

そのために

普通なら

機長が

いつも通り

操縦され

副操縦士が

管制官へ

報告が

この時は

最初に説明したが

たまたま、

研修生が

副操縦士で

席は壊れていたので

いつもの

副は

外れて、客室に

存在した事で

いつもは絶対に

行わない

機長が

研修生に教える

目的で

現在地を

上空で天候で

見えなくなり

それを探していると

上や下を

繰り返し

次第に、

居場所が

分からなくなり

伝える事も

できないほどの

警告音で

なんとか

不時着をするが

バランスを崩し

墜落となった

そうです。

なので

これは、

パイロットの

点検ミスでもあり

ルール破りの事故で

普通なら

1名の副が

現在地を報告して

滑走を進めるが

研修生で分からず

もう1人の

機長が操縦だが

目を離せば

さらに

トラブルがあるので

どちらも

行えず、ここで

現在地を確認すれば

回避だと勘違いされ

普段なら

ここには

緊急で

予備の

副操縦士が

いるが

そのような

訓練は

行っていない

ケースで

そのような

事態になったのか。

さらに

気圧の関係で

トラブルを

起こした段階で

操縦席の

ガラスが

普段より

見えにくい

状況の

クモの巣のような

ひび」も

入っており

これも

関係していた

みたいです!

その後の現在と会社は消えた!?

事故については

正式に

解決されたが

その後といえば

さらに

気になるのが

今も、ペルーの

「リマ」の

タンス航空204便では

同じ、機体が

事故後も使用され

さらに

その関係する

会社は

存在しているのか….

すると

その調べた

情報に

公式で

現在について

判明していました!

なんと

それは

2年前にも

違う機体が

ここの空港が

運営する

会社で

事故を

起こして

今回で

2件目という

この時代でも

異例の

内容だった事を

理由に

1年後の2006年に

会社事態が

国から運航停止の

永遠を

伝えられたため

何も対応はできず

機体も

2005年を最後に

解体

となりました!

そのため

今は

ここの

空港は

再開は

おそらく

していないのでは?

スポンサーリンク

感想&まとめ

今の航空事故

としても

見られない

原因であり

会社の運営に

関わるケース

に見えますね。

まあ、

今では

レーダーは

必ず

このような

過去の事例から

防止として

設置されているが

それでも

今でも

世界各地では

そのような

万全で安全な

100%の装置でも

結果として

ミス、現象、

トラブルで

事故があるので

どのように

対処しても

防げないのなら

皆さんも

くれぐれも

旅行や

さらに仕事で

訪れる際には

運もあるが

冷静な乗員の

判断と

気持ちを持って

乗るように!

最後まで本当に

お疲れ様でした!

以上で解説を

終了します。

これからも

期待に応えるような

リアルタイムで

オモシロそうな

ネタを発掘

していきますので

当サイトを

よろしく

お願いします^^