瀬尻稜(スケボー)のwiki&経歴と年収!動画は?高校&大学は!?

今回、

ピックアップ

して皆さんに

プレゼント

するネタは

既に20代で

スポンサーが付き

プロとして

現在は活動され

多くの国際大会でも

表彰台に上り

今では

PVにも出演される

ほどの

スケボー界で

話題になり

今後は

2020年の

国内の

東京五輪でも

期待の1人であり

注目になる

“瀬尻稜”

さんについて

追跡取材を開始!

瀬尻稜はプロで20代のスケボー!

噂では

2/21のNHKの

特集にも

2020年に合わせて

新種目の競技に

追加され

それと同時に

国内で

今最も

表彰台に立つ

スケボー選手として

紹介された

この「瀬尻稜」

選手は

これまでに

多くの国際大会で

優秀な成績を納め

若干20で既に

プロに含まれる

まだ幼い

スケボーライダー

だそうです!

ちなみに

今では

プロですが

事務所は

ムラサキ

スポーツ

といわれる

スキーや

ボードでの

フリースタイル系

部門のライダー

では有名な方が

所属され

多くの

ウィンター系の

板やウェア

なども

開発され

提供する

ここに

スケートボードの

分野で

所属され

ているみたいです!

そして

この方が

凄いのは既に

20代での

世界での

スケボー界での

表彰台ですが

その原点で

その活躍には

5歳という

幼少期の

小学生からの

遊びの活動が最初で

ここで、父が

この選手が

ショップで

興味があり

その、ギアを

プレゼントした所から

家族では

母など二人三脚での

サポートが

大きかったみたいで

当時は

そのような

大会もなければ

そのスポーツも

公式でなく

趣味の遊びだった事で

特に、興味があった

瀬尻稜さんの

付き添いには

精神面で

大変だったとか…?

そこから次第に

この分野が

正式な競技や

大会、さらに

参加する

世代が多くなり

国内や世界で

開催されると

まさかの

コーチでなく

自力の力が主で

その努力が

小学生で既に

世界のチャンピオンに

輝き、アジア枠や

それは本場の

アメリカ、

さらに

世界の有名な

アスリートが

集結され

TVや飲料の

スポンサーでも

ある

レッドブルなどでも

次々に

表彰台で

入賞や優勝を

獲得され

最近では

4年前の

13年の都内で

開かれた

初の開催でもある

大会で日本人初の

頂点も

しかも

史上最年少でもあり

輝いた

みたいです。

そして今では

世代別でも

ほとんどが

上位の

好成績だった

本物の天才な

スケボー界の

ライダーとして

同じ分野で

優秀な

選手からも

尊敬される方

として期待され

20年の

東京五輪での

最も日本人で

世界でも

頂点に輝く

天才ライダー

として

注目になり

今回は初の

全国系にも

出演されたとか…!

wiki&経歴年収の裏が知りたい!

本名>瀬尻稜(せじりりょう)

生年月日>1996年12月11日

年齢>20歳

出身>東京都

仕事>スケボー(ライダー)

事務所>ムラサキスポーツ

学歴>関中学卒

(東京都/練馬区)

身長>177cm

体重>70kg

特技/スケボー

2001年の

5歳という

小学生から

父のすすめで

スケボーを

趣味で始める。

初出場の

6年後の

2007年~13年の

高校生までに

史上最年少で

世界各国の

国際大会で

頂点に輝き

2ケタの

上位の成績で

あれから

4年後の

17年までに

2020年から

初開催の

東京五輪で

最も表彰台に

立つ選手の

1人として

注目になる。

そして、なんと

驚きです。

この珍しい

スケボーという

競技の

年収を

調べると

ギョギョギョ….

有名な

ライダーになり

世界で

活躍すれば

平均でも

億円だそうで

それが

継続して

年齢が上がれば

数百億円まで

獲得

できる

スポーツだと

ヒントの

ライダーから

判明しました!

スポンサーリンク

動画が公開されて中身が凄い!

では、早速

その神業といわれる

テクニックと

原点の

二人三脚で

練習してきた

あり得ない

努力からの

動きを

こちらの

動画で

覗いて

みたいですか…?
どうぞ!

当時としては

普及しておらず

専門の

スクールも

なく指導者も

いなければ

親の

素人からの

アドバイスや

動画などでの

検証での

練習なら

ここまで

上達するのは

簡単ではないし

普通なら

挫折して

辞めるのが

当たり前の

生活なので

努力した

この選手は

やはり

貴重な

天才ライダー

として

誕生されたに

違いないですね!

このライダーの

特徴は

やはり

最年少

とは思えない

上級並みの

テクニックと

バランス感覚

ではないかと…!?

中学は関中で高校&大学はどこ?

学歴については

高校と大学は

どうやら

ネットで

見たら

皆さんも

分かるでしょうが

17年2月時点でも

非公開の

ようです。

ただ、その前の

小学校~中学校

については

既に判明され

そこは

出身の都内の

昭和50年に

開校された

練馬区の

関中学

だそうです!

ここは、公立で

特徴では

LL型の

教室で

全学年の

教室に

冷暖房や

23区で唯一の

プールを

開校され

校庭には

公立では

珍しくも

芝が一部

生えている

みたいです。

なので

その後の

高校は

通えば

ここの区内か

あるいは

既に

小学生で

活躍なら

プロの道へ

進み

高校は

通っていない

可能性も

この

活動から

見えますね!

スポンサーリンク

感想&まとめ

今回紹介した

国内では

史上最年少の

スケボーライダー

でもある

この選手に

ついては

よりリアルに

夜10時25分から

NHKの総合で

特集として

紹介され

現在までの

歩みを

初公開

されているので

気になる方は

レッツゴー!

この方を

2020年の

自国開催で

忘れず

応援して

合わせて

名前も

忘れずに….!

最後まで本当に

お疲れ様でした

そして

以上で解説を

終了します。

これからも

期待に応えるような

リアルタイムで

オモシロそうな

ネタを発掘して

探していくので

当サイトを

今後もよろしく

お願いします^^