アメリカ国境警備隊の装備の特徴や活動とメキシコとの実態&動画の裏!

今回、

特別に

ここだけで

皆さんへ

プレゼントで

ターゲット

になる

ネタは….

これは

主に

海外では

特別な

警察の

訓練された

自衛隊

とは違う

部隊で

普段から

国でも

他国との

ギリギリの

境界線に

なる地域で

配備され

部門では

最も緊張で

危険な活動

だとされる

アメリカ

国境警備隊

について

追跡取材を

始めよ~!

アメリカ国境警備隊の正体って?

こちらの方が

昭和の

戦後くらいから

国内では

見かけず

聞いた事も

ないであろう

アメリカでは

警察の

「特殊部隊」

であり

日本なら

似ているなら

「SAT」

のような

テロ集団や

立てこもり

などに

活躍する

ような

部門にあたる

国内でも

他国との

境界線に

近い

「国境」のみで

年中活躍

している

その名も

「警備隊」

という

警察の団体

であります!

ちなみに

コチラは

国から

同じく

配備され

警備する

「軍」とは

違い….

現地なら

FBIやCIA

などから

特に優秀で

経験を積んだ

ベテランから

選出された

組織で

結成された

警察の

団体で

あります。

装備や基本活動の特徴は何か!

そして

気になる

のは

ネットでは

普段の

活動で

もしも

相手から

狙われたり

逆にいかくで

使用する

防弾や銃など

普通の警察や

軍とは

違う

特別な

装備について

気になる

みたいですね!

どうやら

余り

特殊とは

例えられるが

映像から

答えを

確認したら

一番は

戦場で

対戦する

あの

「軍」

関係者と

変わらない

そうです。

緊急までの

準備品が

こんな感じ!

・ヘルメット

・サングラス

・防弾チョッキ

・自動小銃

・無線器

・小型ナイフ

&ピストル

理由は

おそらくは

さらに

危険な

戦場よりは

大半が

難民で

そのような

武器は

ないためでは?

そして

基本の活動

これは…..

確かに

少し違う

特徴が

あるかも….!

・国境線のみの

24時間の

交代制の巡回

パトロール

・他国へ

渡るときに

必ず確認する

検問所での

券の判定

・犯罪者、

不法入国者、

難民などの

取り締まり

・違法にあたる

密輸の品や

薬物の

取り締まり

・ヘリでの監視

つまり

軍は

このような

行動は

一切国から

許されて

いないため

この

警察の部隊

のみが

普段から

ここで

警備している

らしいので

とても

世界から

見たら

この分野は

本当に

珍しい

ですね。

スポンサーリンク

メキシコとの最前線の実態や今!

どうやら

その詳しい

実態が

より

分かりやすく

2/27の

TV朝日の

「トリハダ

スクープ

100科ジテン」

でも

公開したので

忘れずに。

その正体は

どうやら

まるで

陰謀の

情報では

世界でも

No1の国

であるように

現在でも

まるで

秘密で

教えるな!

そんな感じで

ネットでは

詳しい

取り締まり

については

非公開

だそうですね!

だが

噂では

判明され

その裏は….

アメリカは

世界の

貿易や経済

などの

産業では

総合でも

No1の

輸入でなく

輸出大国

だけに

やはり….

戦後から

これまでに

お隣は

全く別

のように

事件や

生活も

不便だけに

働きたい

「移民」や

逆に

そこを

離れたくは

ないが

簡単に

稼げて

見つかりに

くい

そして

高額になる

「密輸者」の

問題に

これまで

この部隊は

悩まされて

きたとか……

なぜなら….

今年就任した

トランプ以前は

全くの

政策に

含まれず

国内では

政策で

必ず

年では0名を

目指し

1人も

入れるな!

そのように

指令が

出され

このような

対策の

活動が

出るが

一番の

課題である

」が

高くも

なければ

設計が甘く

予算の

影響で

誰もが

登れる

そんな

建物

であった

為です。

そのために

監視は

ほとんどが

24時間は

人の

行動と目が

全てで

人数にも

そこまで

多発する

大人数では

ないために

その少なさ

から

毎年のように

最近では

何かしらの

武器や

防御を

装備すれば

警察には

勝てる

そして

実際に

人数の

影響で

これまでに

死亡の

ケースもあり

最終的に

そのような

問題が

課題

だそうです!

そして

最新の

現在では

それが

継続され

新たな

問題で

イスラム国

からの

「難民」や

逆に

壁を

建設すれば

そのような

被害に会う

ルート

でもある方を

受け入れが

できないや

美しい

景色も

消える

そのような

問題が

新たに

トランプ

政権でも

難しく

課題と

なりました!

そして

実際は

難民は

しばらくの

イスラム国が

消えるまでは

受け入れず

意見を

無視するように

ほとんどの

事件が

ここが

原点だとして

自身の

資産も

影響して

その壁に

サインを

したんだとか。

だが…..

まだ

市民や

現在は

不法移民に

あたる方々が

裁判所へ

家族や

今後の

世界へ

影響

するとして

反対活動を

している

そうです!

動画はNGで訓練のみか…!?

どうやら

詳しく

そして

特集のような

長編の

今回の

特殊部隊の

動画は

日本では

完全に

非公開

として

載せてはNGで

バレる

そんな

現地からの

訴え

のように

実際の

リアルな

活動であり

事件現場は

見れない

とか….

そのため

代わりに

本番

さながらの

訓練

について

特別に

公開

されて

いるので

現場の

雰囲気を

感じながら

見てみては?

感想&まとめ

この部隊は

世界から

見たら

非常に

珍しく

頑丈な

警備の

分野に

見えるが

それでも

今でも

毎年のように

事件に

つながる

行動を

起こされ

防げず

しかも

死亡の

ケースも

あるなら

どれだけ

世の中が

警察が

いても

危険か

このような

関連でも

分かりましたね。

やはり

このような

関連から

日頃でも

特殊部隊でも

防げない

ならば

最後は

自分は自分で

身を

普段から

警戒したり

そのような

護身術を

取得するなど

それしか

安全は

無理なのか?

以上で

全ての解説を

終わり

そして

これからも

評価では高く

期待に

応えられ

るような

速報で

オモシロそうな

ネタを

研究して

探して

いくので

当サイトを

今後も

よろしく

お願いします^^

スポンサーリンク