永田行夫は隊長の捕虜でナヴォイ劇場を建設!wiki&経歴や現在!?

4/19に

ここだけで

皆さんへ

向けて

配信する

ネタは….

今から

数十年

前頃に

当時は

二次

世界大戦で

激しく

たまたま

海外で

そのような

関連で

活動中に

ソ連から

捕虜になり

遂には

ある国で

数年間

まさかの

労働者で

ある施設の

代表の

指揮者

として

まさかの

ヒーロー

になる

永田行夫

について

追跡調査を

実行しよ~!

永田行夫が凄い方だった..!

実際に

この方は

どうやら

19日の

アンビリ

バボー

でも

一般人だが

ある

世界二次

大戦最中に

突然と

海外で

当時は

兵隊の

「隊長」で

特に

激しかった

旧ソ連

ここと

対戦だったが

その後は

まさかの

敗北で

その1人で

拘束で

捕虜となり

強制的に

ある国で

その後は

労働者

として

手伝わ

された

その中でも

有名人

であり

ヒーローに

その後は

なり

感動

として

その時代に

特に

活躍した

だけに

その物語が

紹介されたが

原点は

どんな

人物か…?

詳しくは

不明だが

1940年

以前から

~特に

激し

かった

第二次

世界大戦

この、

陸軍

からなる

457名の

1人の

隊長

であり

物資や

現地での

何かしら

建設に

使用する

材料を

運んで

それを

元に

施設を

建設させる

設計の

ような

指揮者

である

「ラーゲリー

隊」の

代表者

でもあり

ました。

そして

当時の

年齢は

あまりの

優秀な

人材から

早くも

25歳で

そのような

活動を

後継者で

先頭で

兵士などを

陰から

サポート

する

分野で

活躍を

していま

した。

そして

そこから

しばらく

すると

45年の

大戦が

終了されて

日本が

敗北で

この時は

旧ソ連が

特に強くて

勝利を

されては

多くの

領土を保有

されては

実は

ここから

47年までの

2年間に

この方々は

大戦に

参加されず

陰で

サポートだが

ソ連では

保有で

これから

多くの

施設を

建設され

偉大な

国を

作ろうと

この分野の

数百名が

逃げ遅れ

捕虜

になり

そこに

責任者は

最後まで

見守る

役割から

そんな

理由で

この

永田も

拘束を

アジア

地域で

されます。

そして

その時代に

最初は

保有していた

ウズベキ

スタンの

ある

都市を

貧しい

だけに

有名な

施設が

欲しいと

この

永田を

先頭に

強制的に

技術が

特に

高かった

だけに

ソ連から

依頼が

あると

分かった!

今後は

お互いの

国を

より

豊かに

生活

するなら

協力を

するよ

…..

そこから

合計で

外国人も

合わせて

数千名が

派遣され

その

日本人の

指揮者で

指導を

して

ここで

感動の

貢献に

繋がった

有名人

なるのだ!

隊長でナヴォイ劇場の建設を指揮?

そして

45年~

47年までに

途中の

40年頃

からの

中止を

はさんで

続きを

任された

その

施設が

こちらの

ウズベクの

現在は

首都で

観光地の

一カ所で

捕虜が

建設

しては

世界でも

珍しく

有名な

タシュ

ケント

にある

ナヴォイ

劇場

だそうです!

ここは、

世界的にも

国を代表

して

重要な

行事の

基本では

オペラ

バレエ

などの

活動では

使用する

ほどの

施設

だそうです。

それでは

その

感動の

流れを

ここで。

その日は

休戦が

ソ連から

伝えられ

日本が

認めた

45年頃~

47年の

最後の

完成まで。

そして

その

ある日に

敗北

から

捕虜

となった

人物を

活用

しては

これから

経済を

発展の

目的に

以前から

ここで

既に

材料など

から

基本の

骨組み

までは

ここの

ソ連が

活動

していた

だけに

今後は

労働者を

上手く

活用して

お金を

かからない

ボランティア

感覚を

そんな

理由から

以前から

そのような

基本を

専門に

した

永田を

代表の

ラーゲリー

隊を

ここで

初めて

使う

ことに。

そして

そこから

1年間は

過酷で

いつ

倒れて

亡くなるか

そんな

拷問

のような

活動を

457名

が派遣

されます。

その裏で

永田が

陸軍では

隊長だが

ここでは

代表者

だけに

それを

指示する

まとめの

指揮者に

強制的に

指名されて

その

建設までを

活動され

残りの

兵士は

班ごとに

・土木

・床

・床張り

・測量

・とび職

・外壁作り

・電気工事

など

実に

20の活動が

分かれて

それを

作った

のが

この永田

でした。

それを

2年間を

続けては

ある日

には

2名が

死亡され

1人は

この活動の

事故で

もう1人は

まさかの

外出の

休日の

汽車での

事故

でした。

そして

その

働く

基本の

時間は

現代の

社員や

バイト

などの

基本と

同じで

朝から

夕方

くらい

までの

8時間

でした。

そして

休日は

一週間に

一度だけ

日曜日が

幸せの

休日

だった

そうです。

食事方法は

1日3食

と当時では

とても

幸せな

生活だが

量が

決まっても

それは

当時の

衛生の

問題で

体調を

崩す方も

多くて

実は

まともに

食べられる

生活では

なかった

そうで

この

活動では

2200キロ

くらいは

使うが

それで

やる気が

なかったり

倒れたり

まさに

地獄の

生活を

そこから

数ヶ月は

まだ

慣れずに

送って

いた

そうです。

実は

当時は

主食が

パン

だった

そうで

最初は

ソ連が

自分たちを

多く

相手に

少なく

だが

せめて

活動

させられて

完成

だから

平等に

それを

交渉した

のが

この指揮者

でも

あった。

そして

自由時間も

あっては

体力など

疲れを

癒そうと

特別に

許可が

おりては

余った

材料から

麻雀

将棋

囲碁

トランプ

花札

などの

飽きない

生活を

しようと

日本人の

アイデアと

技術の

高さから

完成させて

人数で

分かれて

ある班は

活動で

ある班は

休憩で

交代で

そこから

半年後には

さらに

慣れて

まるで

行楽施設で

その

時代なら

現代

くらいの

便利な

一番の

暮らしまで

しては

この人物

だけは

まさかの

代表で

責任

だけに

ほとんど

休まずに

完成まで

真剣に

見守って

いたのだ!

さらには

演芸なども

一般の

兵士が

楽しむ

一方で

活動を

終えた

就寝では

まさかの

大量の

かゆみを

発生

させる

虫が

入って

寝られない

日もあるが

それは

なんとか

天日干し

解決を

した

そうです!

それを

繰り返す

うちに

遂には

目標の

捕虜が

手伝い

収容人数が

1400人の

大規模

施設も

あと

わずかで

完成

そのような

作りになり

その

ほとんどは

実は

公式で

その後は

・左管

・彫刻

・床張り

・大理石の

床張り

・電気工事

・内外装

工事

であり

それが

完成

間近

だった

そうです。

そして

遂には

47年の

ここへ

強制から

まる2年で

超巨大で

美しい

立派な

日本人が

最後は

建設

したと

記録に

残る

この

施設が

完成しては

お互いに

喜び

最後は

ソ連

からも

拍手され

握手から

あの

捕虜は

和解して

友人に

なるほど

変化され

この

数百人の

日本人が

栄光に

輝き

その中

でも

特に

遊ばず

寝ず

ほとんどを

指揮から

完成まで

見守る

永田

さんには

その後は

全世界から

大絶賛や

表彰

まで

される

人物に!

ちなみに

どうやら

一方では

以前からの

外人

捕虜を

入れたら

実に

800名もの

死者を

この

まだ

技術も

ない

素人が

一から

建設した

珍しい

唯一の

施設で

出す

結果に

なった

そうで

どれだけ

過酷で

寝られない

疲労から

それぞ

続けたか

分かり

ますね。

スポンサーリンク

wiki&経歴を特別に!

本名>永田行夫

生年月日>1930年/

1931年?

年齢>79歳

(享年)?

1945年

までの

第二次

世界大戦

では

日本の

陸軍の

隊長であり

ゲーリラー

隊として

アジア

地域で

活躍をした。

47年には

初めて

ソ連が

捕虜での

ある

施設を

完成で

日本人の

457名が

派遣され

最終まで

完成され

そこで

指揮を

務めた。

帰国後は

豊かな

生活を

しながら

現地へ

記念に

追悼で

桜を

提供

されては

有名人で

地域の

講演

なども

行うが

10年頃の

4月11日に

病気で

亡くなる。

享年は

79歳….?

その後現在は….!

無事に

第二次が

始まって

数十年

くらいは

海外へ

派遣されて

そして

まさかの

帰国直前に

捕虜から

施設で

47年まで

2年間を

特に

過酷な

労働者

でも

指揮者で

活動されたが

果たして

その後は

どこへ

この永田

という

ヒーローは

消えたか…?

まさかの

情報が

少ない

だけに

ここで

疲れて

亡くなった?

いや

違いました!

実は

2名の仲間

亡くなり

この方は

あの

455名に

含まれて

無事に

その期間も

解消され

日本とも

交換が

合意もあり

帰国が

許可され

遂には

数十年

ぶりに

この年に

帰って

きたのです。

その後は

情報が

あまりに

少なく

どこで

過ごしたか

そんな

出身も

分からない

のだが

画像から

おそらくは

地元で

過ごされ

何らかの

仕事で

年齢から

働いて

いたそうで

その後は

定年後に

講演などに

招待され

全国で

活動され

第二で

趣味の

農作業などで

働いて

そこから

数十年

経過した

2010年の

4月11日

には

帰らぬ

人になり

その

年齢は

79歳

だった

そうです。

ちなみに

あの

当時の

活躍した

2名の

労働者には

記念の

墓地が

市内の

中央公演

には

建設され

栄光を

納めるが

そこから

ここが

一時は

批判だけに

ソ連が

ここを

破壊で

隠そうと

それを

やるが

間もなく

独立もあり

それを

政府が

残そうと

日本人は

素晴らしいと

決めては

しばらく

してから

そこに

日本人の

功績

そして

国だと

証明できる

「桜」

という

アイデアを

この永田と

日本人

大使が

協力して

植える

ことを

政府へ

伝えると

OK

そのように

受け取り

今では

457名を

称える

さくら

公園

そんな

名前が

付けられた

そうです!

<感想&まとめ>

改めて

日本の

技術の

高さが

世界へ

この時に

照明され

それも

今では

ウズベクや

ロシア

などへも

沢山の

品を

輸出する

主な

理由

だったのか?

もしも

機械が

あれば

ここへ

観光で

訪れて

みては….!

スポンサーリンク