スカンジナビア航空751便墜落事故の全貌&原因とその後と現在は!?

751便墜落事故の全貌が凄い!

これは

今から

約26年

前の

91年

12月27日

に極寒の

1ヵ国

でも

有名な

ヨー

ロッパ

スウェー

デン

運行する

航空機

事故では

最も

有名で

さらに

事故でも

初飛行

から

わずか

9ヶ月半

という

OY-

KHO

という

機体では

有名で

上空から

墜落

での

地上への

死者数が

奇跡的に

0人と

かなり

世界的に

有名な

事故の

1つ

だった

そうです!

それでは

全ての

全貌を

ここで

公開

しますか!

全ての

始まり

それが

91年に

初飛行

として

試験運転

から

クリア

され

その後

4/10に

自国の

首都

であった

ストック

ホルム

にある

その他に

ノルウェー

さらに

デンマーク

とも

提携

されては

本社は

ここで

運営

管理が

されて

いた

スカン

ジナビア

航空」で

発生され

機体は

OY-

KHO/

751便

だった

そうで

世界でも

最多の

早さの

事故と

断定

しても

よい

9ヶ月

半で

当時に

起きます!

そして

当日は

季節は

かなり

危険で

気を

つけ

なければ

ならない

そんな

真冬

でした….

そして

当日は

出発の

アー

ランド

空港

から

コペン

ハーゲン

空港

そして

到着の

ワル

シャワ

ショパン

空港

という

3つの

ルートの

予定で

飛行

する

計画

でした…

そして

その日は

乗客が

「123人」

乗務員

「6人」

合わせて

129人

での

数十時間

程の

長旅

でした….

そして

遂には

予定の

出発の

自国に

なった

のか

この便は

普段から

飛行

する

ルートの

定期便

であり

機長や

副機長

なども

ベテラン

だけに

絶対に

巻き

込まれる

とは

思わず

機内で

乗客

などは

ゆったり

本や

音楽

食事

などを

楽しんで

いました…

だが

離陸

体制

までは

無事に

トラブル

なかった

そうだが

早くも

上空で

数秒後に

異変が….

それは

高度

数百

メートル

で起き

25秒

くらいに

片側の

エンジン

から

異常な

音や

さらに

乗客でも

体感

する

大きな

振動が

発生

されて

既に

全員が

緊張

状態に

なって

おり

当時は

だけに

よく

起きる

雪や

氷などを

巻き込ん

でしまう

サー

ジング

と呼ぶ

失速

して

しまう

そんな

現象に

機長が

気づく。

その後

すぐに

緊急で

自動

システムを

使用

しての

機体を

安定

させる

行動に

出るが

全く

反応

せずに

元に

戻って

しまい

この

ままでは

墜落は

当然

になる。

さらに

39秒後

には

もう

片方の

エンジンも

失速

されて

さらに

最悪

にも

この

ままでは

上空で

大爆発

する

ような

それか

失神

される

ような

煙が

発生

したのだ!

そして

78秒と

既に

1分

15秒が

離陸

されて

から

経過した

時間帯に

実は

急降下

してなく

何とか

最悪でも

1000mと

ほぼ

山脈と

同じ

くらいを

飛行され

余裕が

あった

そうで

その時に

実は

機内の

全ての

電力が

ストップ

さらに

管制塔

との

連絡も

遮断され

遂には

急降下で

ここから

この

ままでは

墜落で

諦め

るしか

ない….

そこで

提案

したのが

少しの

命も

救われ

希望に

繋がる

そんな

0.1%を

信じた

不時着

という

決断

だった!

それを

決めた

人物が

実は

予備の

機長で

普段は

何も

しないが

もしも

体調や

テロ

そして

事故

のような

時には

助ける

心臓的な

役割

である

非番

機長

だった!

その後

1秒

あたりで

6mも

降下を

する中で

次第に

一部の

兆しが

見える。

それは

電力から

一部が

回復

されて

離陸や

着陸時

までを

調整

できる

油圧

までも

回復され

ていくが

左と

右の

エンジンは

既に

270mと

周辺

住民

ならば

音で

異常だと

気づける

位置まで

速度を

増して

急降下を

しては

遂には

何とか

回復された

管制塔へ

不時着を

正式に

伝える。

その裏で

非番は

乗務員へ

不時着

に関する

準備を

伝えて

乗客は

万全の

体制で

ベルト

酸素

マスク

などを

装着され

なるべく

動かずに

待機

されて

いました。

その後

機長の

判断で

周辺の

海への

着水は

この

状態では

大破

されて

海へ

投げ

られる

それを

予知され

東側に

ある

ゴット

ロラ

という

村の

周りは

森林

地帯な

地点に

決めた。

その

理由は

少しでも

機体の

衝撃を

和らげる

クッ

ションの

代わりに

なるから。

そして

遂には

地上との

距離

数十

メートル

まで

降下

すると

機長や

副機長の

目の前

には

松の森が

あるが

次の

瞬間に

機体は

目的の

広場

だったが

右の翼が

木へ

接触

されて

片方が

消えて

しまう…

しかし

何とか

地上には

着いた

らしいが

その

衝撃で

機体が

電車の

脱線

のように

3つに

分裂

して

しまう

のだ….

そして

その後

遂には

しばらく

地上でも

暴走

をして

いたが

奇跡的に

翼が

木に

接触され

さらに

たまたま

冬で

地面に

雪が

積もって

それが

逆に

止める

役割を

して

いた

ことで

無事に

あの

離陸から

着陸

までの

約2分間

近くで

無事に

停止

された

のだ….

しかし

まだ

安心は

できず

最大は

乗客乗員

命が

最優先

だった!

既に

あら

かじめ

待機

されて

いた

消防の

手により

救出され

次々に

病院へ

搬送

されて

いく…

その後

間もなく

関係者

などから

負傷に

関する

情報が

公開

され

それは

奇跡的

にも

全員が

死亡とは

伝え

られず

100名の

重軽傷

だと

伝え

られた

全世界が

感動の

瞬間に

なる

良い

ニュース

だった!

では

なぜ…

今回

あれだけ

大破され

一部で

上空で

コント

ロール

不能で

普通では

死亡が

1人

くらいは

出るが

全員が

無事

だった

のか…?

その

最大は

普通では

燃料の

タンクが

残るが

既に

トラ

ブルで

なかった

ことが

2次

被害に

なる

火災から

回避

されて

たまたま

そこが

空港

からも

近かった

それが

偶然

一致され

関係者の

命を

捨てる

覚悟で

最大の

消火や

指示

などの

手助け

こそが

…..

129名の

命が

助かった

とも

されて

います

全ての原因がまさか?

始まり

それは

…..

当日

までに

屋外の

気温が

0度以下と

かなり

雪が

溶けに

くい

環境で

その

機体は

そのまま

外に

置いて

あった。

その後

エンジン

近くの

2つの

翼が

金属製で

温度には

弱く

冷やされ

そこへ

雪や

氷が

積もり

固まるが

直後に

数時間

後には

解けて

それが

離陸と

同時に

吸い込

まれた

こと

だった….

だが

なぜ

積もった

時点で

普段は

落とすが

当日は

起きたか?

それは

作業員の

点検

ミス

だった。

そして

最大が

なぜ

こんな

小さな

雪などが

含まれた

だけで

巨大な

エンジンが

停止

までに

向かったか?

それは

マニュ

アルの

操作

ミス

全て

だった。

それが

あの時に

本当は

ATR

システム

という

緊急時

のみに

自動で

エンジンに

燃料を

送り

上昇

させる

そんな

最新の

システム

が設置

されて

いたが

機長

などに

会社

事態が

普段は

使用

しない

だけに

訓練

さらに

マニュアル

事態に

なかった

そうです

その

結果が

機長は

自動

だとは

知らずに

手動で

出力を

一定に

すると

それが

音を

下げる

ためだと

誤認

され

それが

急降下に

繋がった

とも

されて

います!

スポンサーリンク

その後はどうなる?

実は

事故

直後に

機体を

販売

された

アメリカの

製造を

手がけた

マクド

ネル

ダグラス

という

会社が

ATR

問題で

バッシング

になり

さらには

運行

側にも

しっかり

確認を

すれば

解決

できた

それも

プロ

だと

しては

両方に

再発防止

という

対策が

国から

提案

されて

再指導

で今度は

2度で

一度

道具で

処理後に

今度は

素手で

確認を

する

さらに

ATRを

機長

などに

必ず

教えて

訓練

させる

改正を

した

そうです!

現在も運行してた!?

どうやら

当時の

機体名は

登録から

外された

そうだが

便名の

751便

事態は

残され

今でも

運行に

使用

されて

いる

そうです!

だが

出発が

アーランド

国際が

消えて

コペン

ハーゲン

と…..

ワルシャワ

2つの

ルートに

変更

された

そうです。

そして

実は

今でも

当時の

乗務員の

2人が

現役で

復帰

されて

いた

そうです。

それが

・副操縦士

・非番機長

でした!

では

なぜ…

機長は

辞めたか?

実は

全員が

ヒーロー

になるが

インタ

ビューで

あれ

以降

機体の

信用性が

うすれ

恐れて

乗れなく

なった

から!

スポンサーリンク