スーザン・ルフェーブル(マリー・ウォルシュ)の現在&アランと子供や脱獄理由!

スーザン・ルフェーブルとは?

アメリカ

ミシガン州サギノー

にて

ごく普通に

生活してきた

女性だったが

その後

家族の

両親が

カトリック系の信者

だったことから

生活環境に

馴染めない

ことが

キッカケとなり

遂には

ストレスから

高校生で

違法薬物を

乱用する

ようになり

19歳の頃には

家出が多くなり

不良などと

遊んでいたが

1974年2月20日に

麻○組織のリーダー

という事実が

彼氏を装い

200ドル相当の

2.5gを売った

警察官により

逮捕されては

1975年2月7日に

裁判で

懲役10年~20年の

有罪判決後

ミシガン州の

デトロイト女子刑務所で

服役生活も

囚人の脱獄

としては

とても珍しい

最終的に

面会に訪れた

祖父の手助けによる

看守がいない瞬間を見て

古いシーツを

捨てに行くと騙し

衣服を有刺鉄線の

フェンスの上に投げ乗せ

金網から壁の外へ出たうえ

待機していた

祖父の運転する

車で自宅へ行き

両親から

必需品を所持後

友人の車で

カリフォルニア州へ

逃亡

という手法で

その後

戸籍といった

名前などを

マリーに変更後の

8年後

1985年には

夫の

アラン・ウォルシュと

出会いから

1986年に

結婚され

間もなく

3人の

お子さんも生まれ

幸せな

偽装生活を

送っていたのだが

そこから

逃亡したのが

他の州で

時効制度が

なかったことから

警察が

再捜査していると

2004年には

実母の葬儀に

バレる恐れから

葬儀には

参列しなかった

など

多くの不審点

などから

既に

全米だけでなく

本人の耳元にも

危機が迫っている

そんな

有力情報が

届いていたそうで

遂に

2008年4月24日

53歳の時に

潜伏生活を送っていた

カリフォルニア州

にある

夫、ウォルシュ家の自宅庭

にて

花植え中に

捜査員による

聴取から

30年後

再び

スーザン・ルフェーブルで

逮捕後

ミシガン州の

デトロイト女子刑務所にて

服役生活となり

2009年1月28日の

裁判では

家族、友人

だけでなく

国民から

ミシガン州知事宛てに

その後の

生活態度が

至って真面目

さらに

最初の

逮捕も

冤罪のような

事件だった

ことなどが

焦点だった

ことから

数百もの手紙が

寄せられた

ことから

脱獄自体の罪は

無期懲役になるほど

重いものの

13ヶ月の

有罪と

5年間の保護観察

さらに

18ヶ月間の

仮釈放が確定後

2009年5月に

釈放後

再び

名前をマリーに

変更され

旦那と子供がいる

カリフォルニア州で

奇跡的に

生活を送る

ことができた

元囚人

だったそうで

2年後の2011年には

自ら

「A Tale of Two Lives」

という

書籍を

出版され

18年現在

変わりなく

第二の人生を

家族と共に

楽しく幸せに

暮らしている

そうです。

引用先>https://matome.naver.jp

引用先>zoot.blue/

引用先>https://matome.naver.jp