徳川埋蔵金が2016に新真実発見!現在は日光東照宮でかごめかごめ?

徳川埋蔵金の正体と歴史。

まず、10月12日のなんだコレミステリーの

中で紹介された一つ

“徳川埋蔵金”という言葉をご存知だろうか?

この意味はその名の通り

江戸幕府の大名の一人だった

徳川家康が生きていた時代に

大事に保管されていた物品であり

一番有名なのがお金である(小判)であった!

%e5%be%b3%e5%b7%9d%e5%9f%8b%e8%94%b5%e9%87%91

他に意味としては、埋蔵金とは

江戸幕府の武士たちが

見つからないように、家康が亡くなる前に

大事な物品だった事を証拠が判明すると

盗まれる恐れから、(地中)の中に埋めた事が

この言葉の由来であり伝説的な話として

受け継がれているのです

特に、お金の事が埋蔵金の原点で

当時使用していた小判が有名だが

その他にも(貨幣)や(金塊)も含まれています。

そもそも埋蔵金が地中に埋めた

最初の原点は1968年4月の徳川家康が

生きていて大名でお城を所有していた

江戸幕府に隠されていたそうです

どうやら、この頃に

徳川家は今まで江戸城を所有する権利があったが

(無血開城)という当時の江戸政府が

財政に厳しくお城を守るお金が減って

最終的に守ることが困難になったことで

どうすることも出来ず、最終的に

明治という新しい文化が誕生され新政府が誕生したことで

この江戸城で無血開城という引き渡しが双方で正式合意となりました

しかし、この時に明治政府へ

江戸城を引き渡し、プラスして幕府で使用した、幕府御用金を

資金源で管理して引き継ぐ予定が

まさかの?お城の中に、保管されている

はずの貨幣、小判、金塊などが0の状態で消えた事で

直後に明治政府はお金が、どこかに

隠していると判断して、御用金探しが

本格的に始まり、お城の管理はそのまま

隠したことが判明して、資金が0でも

本当なら存在して生活もできたことで特別な許可となりました。

その後、当時の財政のトップだった

小栗忠順という人物が

辞任した直後に、この御用金の正体が

今の群馬県権田村という地域で

大事な財産だった事で隠していた事が判明。

その後、噂として地元の住民の証言として

「彼が幕府の金を持ち逃げた」

「利根川から来た誰かが群馬の赤城山へ運ぶのを見た」

という次々に実際に確認されたことや

幕府で唯一の開城の処分で死刑となる人物に決定したことで

最終的な判断は”埋蔵金“という名が付き

幕府の隠し金が赤城山に埋められているのは事実

これが後に、今現在まで後世として引き継がれるが

その後の発掘調査で全く見つからない事で

国内の「伝説」として伝えられる!

ちなみに、埋蔵金の額は今に変換すると

約3000億円だと!?

これ見つけた人は

人生が一生いや、亡くなった後まで

現在のお金が残され、その家庭は

引き継がれることでしょうか。

2016に新真実が浮上で発見か!?

先ほどは、江戸幕府時代に大事に江戸城で

保管されていた、御用金がその後、財政のトップの人物で

埋蔵金説として群馬県内や赤城山周平に

埋められている?と紹介したが

なんと!2016年の今年、(新真実)がネットで

浮上され遂に、発見か!?という噂まで。

その位置は噂として

栃木県だと分かりました!

その前に実は、明治政府時代に判明してから

数百年後が経過した、1990年~95年の5年間に

長期に渡り大規模な「徳川埋蔵金」を

発掘する企画がTV番組の

ギミア・ブレイクというバラエティーで紹介されています。

すると、水野家という

一家が三代に渡り、ショベルカーの

腕前がプロ並みに上手だった事や

興味が強かったことで

工事関係者と連携を取り5年間

休日は、毎回発掘で一つでも手がかりが無いか捜索しました。

また、この方が発掘した理由が

地元である群馬県の赤城山が

故郷だった事で、どうせなら

発掘して有名人になり誰も探していないなら

お金持ちになれるチャンスだと感じたことだとも。

すると、埋蔵金の一部だと思われる

一つの物品として

明治23年に黄金色との噂がある

徳川家康像」の置物らしき物品が

地中の約60m奥で幅が100mの規模から発見されたのである!

これは、あくまで本人の主張で

実際に映像や見つかった時の

画像の本物は見つかっていないが

探索場所の赤城山周辺の怪しい所から

見つかったのであれば、事実は間違いない。

しかし、その後の調査で

目当ての「小判」が大量に

地中から、さらに探しても

変化が起きない事で探索中止が5年間後の95年に終了した。

そして、その後の調査の結果

新たに判明したのが

またもや関東地方の「栃木県」であった!

確かに、この周辺は

あの有名な徳川将軍や江戸の

大名でトップの家康が眠る

“日光東照宮”の神社がありますよね

まさか、ここが最終的に

家康や徳川将軍の意向で

保管を決めた最終地点だったのか?

スポンサーリンク

現在の場所は日光東照宮かごめかごめ?

さて、いよいよ

2016年の新たに判明した

徳川埋蔵金が本当に眠る現在の場所ですが

最終地点は栃木県の「日光東照宮」だった!?

やっぱり、江戸幕府から明治に政府が

入れ替わる時代だった事で、江戸で使用していた

お金の価値や財産を無駄にしたくなく

大事に保管したく、当時の管理が甘かったことで

このような事態が起こり、江戸時代のトップは

徳川将軍一家だった事で、もしかすると

埋蔵金が最終的に亡くなって

今も眠る墓地がある、”日光東照宮”という説があるのでしょうか!

そして、ここには

以前の伝説があった群馬県や赤城山とは

全く違う、本当のような

理由が密かに隠されていたのでした。

それがコチラの(かごめかごめ)!

皆さんは、かごめかごめ

という内容をご存知でしょうか?

おそらく、平成生まれの方は

知らない方も当然ですが

昭和以前の方には当たり前で

有名な「唄」であり、遊びの一部のダンスであります。

これは実際の歌詞になります。

実は、この歌詞に裏では

秘密の暗号が陰謀として浮上されていたのでした

%e3%81%8b%e3%81%94%e3%82%81%e3%81%8b%e3%81%94%e3%82%81

始まりの「かごめかごめ」とは

縦、横、斜めに結ばれている

竹で編んで完成され実際に神社や

寺院などでも技術で使われている「龍の目」であります。

%e5%85%ad%e8%8a%92%e6%98%9f

これを、よ~く拝見すると

浮かんでくるのが、あのユダヤ教で

有名な六芒星(ろくぼうせい)のマークです。

また、地図上で実際に

各地の神社や寺院などを

全て線で結び完成すると

六芒星が浮かぶ噂もあります。

%e5%85%ad%e8%8a%92%e6%98%9f-1

そして「龍の中の鳥は」

これは、神社の鳥居を示しており

六芒星の中心点の中である「日光東照宮」です。

%e6%97%a5%e5%85%89%e6%9d%b1%e7%85%a7%e5%ae%ae

「いついつ出やる」は

公式では判明していませんが

物品やお金がいつになると出てくるの?

という噂もあります。

「夜明けの晩に鶴と亀が/すべった」

実際に階段を上がると

鳥居の奥には、鶴と亀の銅像が

並んでいて、これに朝日が反射すると

影が出来るそうです。

すべったは、管理して

大量に大名が保管したことで

統一を示していたそうです。
その続がこの意味が含まれ

先ほどの、鶴と亀が朝日で反射して作られた陰が、

見ざる聞かざる言わざるで有名な

三体の像がポーズを取っている

彫刻が存在して、この猿の三体の視線は

「眠り猫の門」が待っています。

%e5%a2%93

最終的に猫の門を、さらに

進んだ先の階段を過ぎると

歴代の「徳川将軍の墓地」が建てられています。

すると、最後の唄が「後ろの正面だあれ」!

この正体が最終的に

歴代のお墓を示され

ここの後ろには密かに「ほこら」があります

%e5%a0%b4%e6%89%80

ここの最終目的地点に

あったのが、あの六芒星マークですが

これ実は、上だけが欠けて

本物ではなく、噂によると

(地中の下)を示していたとも!?

本当の埋蔵金の証拠となる

姿は、かごめかごめがヒントで

答えは六芒星のマークで、あの

徳川家の後ろの示した地中が

(ここだよ!)という意味だったのか!?

群馬県はガセで日光が本当か?

さて、ここまで

徳川将軍の埋蔵金の真相から答えを

全て公開してきたが、どうやら

今回の江戸幕府のお金の本物は

栃木県の「日光東照宮」が本物だとする

主張がかごめかごめの唄から見つかりましたね。

となれば、最初に原点となり

当時、江戸から明治に政府が渡った際に

財政のトップだった人物が御用金を

隠した最初の原点となる

群馬県の赤城山は嘘であったのか?

実は、さらにその後

最近の調査では、日光東照宮では

地質学の研究者が立ち入り検査で

調べると、99.9%つまり100%の確率で

(土、石、その他の金属ではない物)が

埋っていた証拠がこの時点で判明してたそうです

しかし、モニターや探知機などで

見つけても、実際に人の手で

掘るのはNGだと国から指定されています。

その答えが「日光東照宮が国宝」だったから。

国宝は国が遺産として

文化を守る環境整備で管理しているので

当然、地方でOKでも、国のルールが

ダメと決定しているので

1%だけ存在しても、指定されていれば

全ての場所がいけないのです。

この結果、徳川埋蔵金が眠る

本当の場所は、もしかすると

国内だと、証拠から日光東照宮が本場だったかも。

では、群馬県の赤城山で

見つかった物品や説は何だったのか?

これは、水野家が実際に地中から

1体のみ家康像を発見されていますが

本物の画像や詳しい内容が見つかっていないが

もしかする、一部、大事ではない

ゴミと区別された当時の価値がない

物品のみが、ここで埋蔵されたかもしれません

最終的には、大事な生活で

絶対に必要で文化が引き継がれ

希少価値が高価な小判などが

自ら政治の代表で活躍したことで

江戸が徳川家の時代だった事で日光東照宮の墓地周辺に

埋葬として埋めた可能性がありますね。

スポンサーリンク