HMSテラー号&HMSエレバス号が1845年に消えた真相と理由は!

今回皆さんに向けて

暴露するネタは

今から約170年前の

1845年頃に

冒険隊として

北極圏を調査する

国の代表として

当時のイギリス軍や

冒険家として結成した

代表が、2隻の船を

準備され、その後

出航したが…..

そこから

しばらくして

目的地に到着する事が

できず、その船は

突然と姿を消された

“HMSテラー号&

HMSエレバス号”

について

追跡開始!

HMSテラー号&HMSエレバス号とは?

この2隻は、今から

約170年前の1845年頃に

冒険家と当時の

イギリス軍が協力して

結成された、「冒険探検隊

として、その後

北極圏を目指し

出航して巨大船

として有名です!

そして、「HMSテラー号」を

指揮して

当時のイギリス海軍を

研修生として

北極圏を目指していた

船舶の代表は

ジョン・フランクリン

海軍大佐という

これまでに

3度の北極圏まで

向かう、厚く

通りにくい

経路をプロ並みの

技術で通過した

ベテランとなります!

そして、

エレバス号を

船舶していたのは

「フィッツジェイムス」

という、こちらも

海軍では

技術が

プロ並みの

人物だったようです!

また、

ジェイムズクロークロス

という人物も

44年まで

フィッツとは

2隻を運転したり

指揮していた

経験を持っているが

その後は

辞退され、後継者として

フランクリンに

代表で

受け渡したのだ!

なので、その後

2隻を誰が

操縦したのか…

船舶の代表は

分からないが

指揮するのは

フランクリンと

なったらしいです!

170年前の1845年に消えた真相!

まず、テラー号と

エレバス号とは…..

どんな?船なのか

ご存知だろうか!

当時は19世紀だけに

実物は公開NGだが

その正体が

絵により再現

されています。

今では、あまり

見かけないが

それは、まるで

アニメ、ワンピースに

登場するような

海賊が乗るような

海賊船で

当時では大型船で

周りは、木製だが

ただの、木だけでは

水が入れば

沈む時間が早く

なるので

それを防ぐ方法で

鉄も周りに

入れていたんだとか?

この2隻が、どうやら

物質として

食料や大事な

測量として

道具、さらに

緊急装備まで

準備されて

調査を目的に

北極圏へ

170年前の

1845年頃に

出航したのです

出発地点は

イギリス海軍などが

普段の活動である

イギリス国内の港で

1845年に2隻の代表である

フランクリン!という

人物が乗員合わせて

129名の、この時の

目的が冒険家なので

冒険待として

結成され

北極圏までの

ルートを回り

それは、未来の

「地図」を作成

する事が最大の

目的だったのだ!

しかし、2年余り

掛けて、順調に

その船は当時は

ボロボロで

いつ沈没しても

おかしくない船で

もう少しで、最北端の

南極までルートが

作成され調査も

終了する

まさに、その瞬間に

1847年頃に

突然と6月に

その2隻は

停止する事に!

なんと、2隻の

指揮の代表である

フランクリンが

心臓の病気で

命を落としたのだ

すると、次々に

後輩で将来の

冒険家であり

海軍で、海上の

管理を行う代表者で

専門家たちが

まるで、呪いのように

極寒の地で

23名近くが

命を落とす事になる

すると、ここで

このままでは

目標が全て

白紙に変わるとして

継続するには

後継者が必要で

次の指揮として

クロージャー

という人物が

代表で、その船は

停止しているので

放棄したまま

方法を、徒歩作戦で

ルートも

歩きやすい

カナダ方面から

目的地まで

到着と決めるが

命を落とせば

次の後輩へを

繰り返すが、

それも目標に入らず

途中でリタイアとなり

最終的に全員が

行方不明となり

その調査は

謎の事故として

有名になったとか!?

その後、その船が

沈没が有力で

失踪として

消えた事で

さらに、不快な

事件とまで

有名になったらしい…

スポンサーリンク

本当の理由は……?

では….なぜ?

当時、あれまでに

装備が万全で

船としては

大型船で、周りに

岩や物などから

衝突しても

簡単に壊れて

沈没しない

バランスが優れた

2隻が….カナダの

今では人口が

小規模な島の地域で

停止となり

その後、乗員が

消えて亡くなった

謎の事故となるのか?

それは、今でも

不明だが、有力としては

当時の船が

今より、技術がなく

点検などの

ミスも不十分で

長時間の運転では

燃料切れや

壊れやすい

船の材料

だったのでは

それか、

自然現象で

あまりの氷の厚さで

船が負けて

さらには

吹雪で、ルートが見えず

操作困難になり

後ろも前も

進めない状況で

最終的に

船が当時の

材料なら十分に

壊れやすく

結果的に

エンジンがつかず

諦めて

徒歩作戦に移るが

失敗に終わったのか

どちらしか

当てはまりませんね!

2014年9月に発見された姿の画像!

スポンサーリンク

あれから、170年頃が経ち

今から3年前の

2014年9月頃に

まず、最初に

エレバス号が

行方不明として

最後の目撃となる

カナダのウィリアム島の

海に面する

南側で水深約11m付近で

ここを管理する

団体の調査団が

協力した結果

1隻が発見されました。

ただ、こちらの

船は、誰が見ても

分かりずらい

残骸となり

その後、お宝や

伝説としての

記録や保存には

認定できなかったとか?

しかし、もう1隻の

テラー号という

その後有名になる

船は、そのままの

原型で発見されたのです。

その画像がこれっ!

ほぼ無傷で

窓ガラスなどは

壊れず、当時のままで

船内には、当時の

食料までも

残骸となり

残っていたとか…!

ただ、年と共に

古くなり

さびたり、コケなどは

海であり

放置しているだけに

変化しているが

これまでにも

沈没船のような

伝説の内容が

公開する中では

特に沈没船では

有名かもですね!

これを発見したのは

北極圏の冒険家であり

普段は極寒で

イヌイットの

漁師でも活動する

サミーさんという

人物で、発見時は

まだ、氷から

木のような物体が

下から上に

突きでており

普通ではないと

感じた、その方は

その後、調査団に

依頼をして

調べると

沈没船となり

テラー号が

深海で沈んでおり

2隻の謎の事故で事件は

失踪から

解決した

中身となったとか!

ちなみに

こちらは、映像で

公開された

動画で、当時の

生々しい証拠が

拝見できるので

画像だけで

満足しない方は

是非とも!

動画

感想&まとめ

あの謎の沈没船事故から

170年あまりが経つが

無事に沈没船は

伝説が残り

実物が記録として

残るのは

今の人類からすれば

凄い発見ですが

それより、当時の

実際に調査に立ち入った

冒険隊は

どこへ?消えたのか?

その正体は

多くが、テラー湾

というカナダの

ウィリアム島の

海の面の周りで

死体として

今では、遺骨となり

眠っているとか。

また、墓地なども

見つかっているので

当時は

やはり、乗り捨てた

近くで

凍死のような死因で

発見されたとか。

ただ、今は

ほとんどの氷が

異常で溶けて

流されたらしいです。

最後まで本当に

お疲れ様でした!

以上で解説を終了します。

また、いつでも気軽に

そしてご自由にどうぞ^^