タナカ太郎のマジックはタナカカード&タナカリング!やり方&種明かしや通販も!

まず….タナカ太郎さんって誰?

この

男性マジシャンの

正体は

これまで

ネットで

あまり

明かされた

こなかった

そうですが

遂に

全国区で

2017年10/17

放送の

「志村けんのバカ殿様」

登場

された

ことで

解禁

された

みたいですね!

引用元>http://magic-elm.com/magician/

では

どんな

マジシャン

なのかと

いうと

それは

・タナカカード

・タナカリング

この2つが

マジックでは

得意

みたいで

普段の

拠点は

愛知県名古屋市の

お酒を楽しむ

「マジックバーモメントス」

みたいで

ここでは

同時に

店長でも

あった

みたいです!

なので

これまで

地方で

活躍

されて

きたので

あれば

愛知県代表の

マジシャン

であり

実は

マギー審司

さんも

認める

オリジナル

手品を

開発する

天才マジシャン

でもありました!

[プロフィール]

名前>タナカ太郎

出身>神奈川県横浜市

移住>愛知県名古屋市

職業>マジシャン/店長

やり方&種明かしが超気になる!

[タナカリング]

<ロックキー>

2本のリングを

叩いて

つなげたら、

手で隠すことなく

リングを

オープンに示し、

その後に外します。

<ロックキー作成>

演技中にキーの

開け閉めを

できる

ように

リングを

カスタマイズ

する方法です。

<クラッシュリンキング→改め>

観客が持っている

リングを、

マジシャンがリングで

叩くと2つの

リングがつながります。

つながった後は

キーを手で隠すこと

なく見せられます。

<指こすり→ダブルリング>

観客が指先で

リング同士を

こすり

合わせる度に、

外れたり

つながったりします。

<クラッシュリンキング(お客さんver)>

マジシャンが持っている

リングを、

観客がリングで

叩くと2つの

リングがつながります。

つながった後は

やはりキーを手で

隠すことなく見せられます。

<逆手クラッシュリンキング>

1本のリングに

残りの3本をつなげます。

<4本連結>

リングが縦に

4本つながります。

リングをこすると

3本と1本に

リングが分かれ、

さらに2本、

2本に分かれます。

この2本、2本の

リングを

ぶつけると

またつながり、

元の状態に戻ります。

<3本連結>

3本のリングが

それぞれに

つながっている

状態を作ります。

観客が

そのうちの

1つを

引っ張ると

リングが外れます。

<ゆらゆら外し→スピニング>

つながっている

リングをゆすっている

だきえで下の

リングが外れて落ちます。

左手にリングを持ち、

右手に持ったリングを

クルッと回転させて

左手のリングに

ぶつけると

その2本のリングが

つながります。

<完全4本連結→階段外し>

つながった状態で

テーブルに置かれている

2本のリングに、

もう1本のリングを

叩きつけると、

つながります。

さらにもう1本もつながり、

4本がつながります。

この状態でキーを

手で隠すことなく

リングを見せることが

できます。

その後、1本、1本と

リングを外します。

<リングスイッチ>

キーリングをシングルと

スイッチする方法です。

<シングル×2&ダブル>

キーリングを使わず、

シングル2本と

ダブル1本を

使ってリングをつなげたり、

外したりしている

ように見えます。

シングルとシングルでの

つなげ方も。

<オールシングル>

ダブルとキーリングを

シングル3本にスイッチし、

4本のシングルで

リングをつなげたり、

外したりして

いるように見せます。

4本のリングが

つながったように

見せたり、

その後1本ずつ

外していっている

ように見せ、

その後リングは

4本とも観客に

手渡すことができます。

<ゆっくり外し>

つながっている

リングをゆっくり

として

動きで外す方法です。

[タナカカード]

<コレクタープロダクション>

表向きのK4枚が

1枚ずつ裏返っていきます。

このK4枚をデックに

差し込みおまじないを

かけると、

観客が選んだ

カードと同じ

数字のカード

3枚がKの間に

1枚おきに挟まって

います。

<バグリ>

K4枚とA4枚を

使ったリセットです。

ラストにK4枚の

裏の色が変わります。

<デバグリ>

一風変わった

リセットです。

赤裏のK4枚と

青裏のA4枚が

1枚ずつ青裏の

Kに変わっていき、

最終的には

青裏のKと赤裏の

Kに戻ります。

<ポイントオブアライバル&ラストウェーブ>

選んでもらった

カードを4枚のJの中に入れると、

観客の手の中で選ばれた

カードが消えJ4枚

だけになります。

消えたカードは

ケースにしまって

おいたデックの中で

1枚だけ裏向き

になっています。

このカードを再び

4枚の中に入れます。

テーブルに置いていた

デックを広げ、

そこに裏向きの

カードがあるのかと

思いきや、

マジシャンの

手にカードが1枚

しかなく、

それが選んでもらった

カードです。

消えたJ4枚は

ケースの中から

出てきます。

今度はこのJ4枚で

ラストトリック

のような現象を

演じたあと、

好きなマークを

1つ選んでもらいます。

そのマークの

Jだけが消え、

ケースの中から出てきます。

<RGB>

カードを1枚

覚えてもらったら、

デックに戻し、

裏、表バラバラに

混ぜます。

デックを広げると、

選ばれたカード1枚

だけが表向きで、

それ以外の

カードは裏向きに

そろっています。

デックを閉じ、

もう一度広げると

今度は選ばれた

カードと同じ

スートのカードが

12枚順番に表向きに

なっています。

ここからが

クライマックスです。

まず選ばれた

カードを確認すると

裏の色が青色から

緑色に変わっています。

さらに同じスートの

12枚は青色から赤色へ、

残りのデックを

確認すると

すべて表が

真っ白になっています。

スポンサーリンク

誰でも…通販で購入可能だった!

どうやら

今回

マジシャンが

実際に

お店

などで

披露していた

グッズ関連は

ネットで

誰でも

簡単に

購入可能

みたいで

その

ショップは

「フレンチドロップ」

みたいで

以下に

専用

URLを

搭載

しておくので

気になった方は

コピペで

検索を!

>https://www.frenchdrop.com/